11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

パーキンソン病はこわくない

若年性パーキンソン病に罹患した筆者が綴る悲喜交々

エアコン毒です・・・ 

ここ数日かなりエアコンを付けている時間が長くなってるのですが・・・。

歴然と調子が悪いですね。
まあもっとも体を冷やせばよくないことは当たり前ですので殊更記事にすることもないとは思ったのですが。
それにしても、こうもはっきりと調子が悪くなるものなのか?ってくらい悪いので。

まず薬のもちが悪いです。飲んでも通常2時間くらいは効いているはずが1時間もすると手が動かなくなります。手というか首が固まる感じかな。
で、仕方がないので追加で飲むと・・・
おそらく実際には動くために必要な薬の量をオーバーするんだと思いますが、ジスキネジアが出ます。しかも結構強いジスキネジアが出ますので、キーボードも打ちづらいような感じになります。

ここからはもう完全な悪循環で、激しくくねくねで薬を使い切ってしまうと今度は動けなくなり、動こうと薬を追加で飲むとくねくねが始まって・・・ということになり、まともに動ける時間帯がほとんどないんです。

ですので、今日からまたエアコンなしの生活に戻しました。
水を大量に飲みますし、汗だくになりますけどやっぱりエアコンがないほうが動き自体は良好です。

絶対毒ですよ!エアコン(>_<)

category: 【日常生活】

cm 0   tb 0   page top

水分補給を怠りなく! 

いや、それにしても毎日毎日暑いですねぇ~。
暑い、暑いって言っても仕方がないんですけどね。

何かちょっと動くだけでじっとり汗かく感じで。
風でも少しあれば違うんでしょうけど、私の仕事部屋は風が通らないので。

しかも常時3台以上のパソコンが動いてますのでその排熱がまた籠るんですよね。

ところで皆さん、水分補給は大丈夫でしょうか?
水飲んでくださいね、たくさん。
たくさんですよ!たくさんっていうのはあなたが思っている以上に大量の水ですよ(←主治医のマネ(笑))
そうなんですよ。軽く2リットルのペットボトル1本は1日で空けるくらいの勢いで著びちょび飲んだ方がいいです。

コツはちょびのみです。

大量に一気に飲む必要はないんです。ただし、常に飲んでいてください。
ちょび飲みが一番効果的です。

では水分が不足するとどうなるのか?

簡単です。
薬の効きがすこぶる悪くなります。
これ歴然です。
全然効かなくなる時もあるくらいですから。

まあ、考えてみれば当たり前なんですけどね。
レボドパはいではなくて小腸で吸収されるので、とっととそこまで流れ着かなければ効くはずありませんので。

はい、以上です。

水飲んでください。貴方が思ってる以上にたくさんです(笑)

99.99Mbps




category: 【日常生活】

cm 0   tb 0   page top

ジスキネジアが厄介です 

ヨガをやるようになってから、心なしか薬の効きもいい感じなのはいいのですが。

効きすぎてるのかどうかわかりませんが、薬が効き始めるとこれにくっついてジスキネジアが出やすくなっていて厄介なんですよ。。。なんかモジモジが止まらなくなるんですね。
で、ようやくこれが治まってくれたと思うと、今度は薬が切れるころにまたまたジスキネジアが出始めるようなところがあって。

動かないかモジモジかの2択みたいな状態になることがあって困りものなんですね。
コムタンを抜くとやや症状が出にくくなるのですが。

あと、シンメトレルを同時に飲む回は出にくいです。
やは対りジスキネジアにはシンメトレルは欠かせない感じなのですが、いかんせんレボドバの回数と同じ回数分だけ飲めるわけではないので・・・。

なんかないんですかね?
自分でできるジスキネジア対策みたいなもの。


category: 【日常生活】

cm 0   tb 0   page top

間違いないですね 

おはようございます。

今朝もちょっと早く目が覚めたのでのんびりヨガの動きをやってました。
もう、間違いないですね。ヨガがいいのは。

完全に薬がきれている状態から普通に動けるようになるまでに30分程度です。

これは、以前このブログでも紹介した「リフティングボール」を使った運動よりも短時間で動けるようになります。

すごいもんですねぇ~!

category: 【日常生活】

cm 0   tb 0   page top

ヨガを少々 

30代で発症して以来これまで、見聞きしたありとあらゆる健康器具・健康食品・体操・理学療法・漢方など試してきましたが、もしかしたらこれが歴代最高に効果があるかもしれません。

実は今月に入ってからヨガをほんの真似事程度やっております。

事の経緯は、前回診察の際、薬の話とは別件で主治医よりストレッチとか最近だとヨガが良いなんて話をよく聞くという話がありまして。

そんな時に全くの偶然なのですが、ヨガのインストラクターをなさっている方とお知り合いになりまして。
これはと思い、「実は赫赫云々でヨガをやってみたいんですが」とお願いしてみたところ、快く教えてくださいまして。
そんな難しいものではないのですが、特に私の場合PC作業からくる首、肩、背中周りの固縮が酷いこと、それとこれに伴う姿勢の悪さ、猫背、前傾姿勢といった症状を前提に、いくつかこのあたりを緩める効果があるごく簡単な動きを教えていただきました。

で、動作自体はですね簡単なんです。

ホント、腕を上げおろしたり横に倒したりといったまあストレッチと同じようなものなのですが、各動作とも注意しなければならない点というのがありまして。
例えば単純に腕をあげればどういう上げ方でもいいというわけではなくて、その上げ方をなるべくこういうふうに動くようにとか、こっちがわに引っ張るようなイメージでとかいう具合に漫然と動かすのでなくその注意事項を守って動くように注意しながらやる必要があります。

それともうひとつ非常に重要なこと。

呼吸です。

動作中上げている時に吸う、下げている間吐く、というように各動作を行う際に呼吸に注意する必要があるんですね。これがやってみるとなかなか難しいんです。吐かなきゃいけないところで力んで息を止めてしまっていたりとかして。

何度かやっているうちにだんだん慣れてきたのですが。

それでこのヨガをやり始めてからというものですね。
驚くべきことに、薬の量がはっきりと減っています。つまり飲まなくても固まらない時間が長くなってるんです、しかも歴然と。

それと、眠れるようになりました。
以前であれば眠くならないし、眠ったとしても1時間もしないうちに目が覚めてといった事の繰り返しだったのですが、ヨガを始めてから一旦眠るとうまくすれば明け方近くまで眠り続けられるんです。

さらにさらに。
食後の薬の効きが速いです。
これにはさすがに驚きました。一度どの程度この違いがあるのか試してやろうと思って、昼間から卵かけ納豆ごはんという「たんぱく質爆弾」を食べてみたのですが、さすがに一旦はすくみが強くなるのですが、完全に固まって作業ができないといった状態までは落ち込まず、また短時間で空腹時の状態に近いところまで戻ってきます。

ハッキリ一言で言ってしまうとですね。

ヨガを始めてから体の調子に関して良くなったことは驚くほどありますが、悪くなったことはひとつもありません。


特にヤール重度でいうとⅠ、Ⅱあたりの初期のステージの方であれば、この段階は固縮しにくい体を維持していくことが大切ですので、適度な運動を積極的に取り入れることが重要であることは言うまでもありませんが、ヨガであればⅢ程度の中期のステージの方でも胡坐をかいてできることなどかなり可能な動きがあると思いますのでご興味ありましたら、ぜひ一度お試しいただければと思います。

また、可能であれば書籍などで独学でやるのではなくて専門の講師がやっているような教室に一度行かれてみた方が良いかと思います。誤った方法で何度繰り返してもおそらく効果が期待できないと思いますので。

結構効果期待できると思いますよ!

category: 【日常生活】

cm 2   tb 0   page top

Administrator

カレンダー

現在のブログ閲覧者数

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

Count