11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

パーキンソン病はこわくない

若年性パーキンソン病に罹患した筆者が綴る悲喜交々

意外や意外 

いい陽気になってきましたね。今日の千葉はちょっと風が冷たかったですが。

さて、本日は久々に運動してまいりました。
「ボルダリング」ってご存知ですか?
これ、フリークライミングの一種で、器具を使用しないで小岩が埋め込んである壁を登る競技なんです。
最近静かなブームのようで都内などでもスポーツクラブ等が屋内施設などを設置してできるところも増えているようです。ご存知ない方もおそらくテレビなどで一度は目にされたことがあるかもしれません。人工的に作られた岩壁の至る所に赤や黄色や青の小岩が埋め込んである壁をよじ登るやつです。

先日、妻がこのボルダリングができる場所が近くに幾つかあることをネットで見つけまして、さらに初心者向けの教室を開いてくれるところが近所にあったんです。
で、子供がやりたいということになり妻と子供2人の3人で申し込んであったんですね。
私は当然パスです。
集団で規則的に時間通り動かされるでしょうから、それに沿って最後までできる保証などありませんから。
私はカメラマンで同行。

ところが到着してみると本日の申し込みはほとんどなかったようでほぼ貸切状態。
ちょっとした手続きだけすれば参加してもいいとうことでしたので、「じゃ、やってみるか」と挑戦してまいりました。

これ、オススメです!

特に症状が初期の方は筋力維持にいいと思います。
先日のセミナーでも言ってましたけど、初期段階では動ける時間が長いですからその間にできるだけ体を動かして筋力を維持していくことが大切ですし、ひいてはこれが動ける期間をなるべく長くするための一番重要な要素となってきますので。
腹筋・腕立てとかジム通いもありですけど、なかなかそれだけを継続してやるのは難しいですし、コレかなり楽しめます。

水泳も全身運動でいいですが、私にとって何が良かったかといいますと、当然ながら背筋をかなり使いますので、やり終わって感じたのが明らかに姿勢がまっすぐに背すじが伸びてるんですね。
前傾しないんです。当然歩きやすい。
と、いいことずくめでしていまも背中のハリはなく快調です!

ご興味ある方は是非一度お試しあれ!!


99.99Mbps




category: 【健康維持・体力づくり】

cm 0   tb 0   page top

★私が実践している健康法★②【早く病気を治したいので、リラックスします】 


この度、こちらのブログを管理されている99.99Mbpsさんに、大変、貴重な機会をいただき、


 


  「私が実践している健康法」


 


 というテーマで、記事を投稿させていただいております、☆イチローと申します。


 


 


 今回は、その第2回目となりますが、


 


  【早く病気を治したいので、リラックスします】


 


 ということについて、また少し、お話させていただきます。


 


 


 私たちは、少しでも病気を治癒してゆきたいと思っています。


 


 でも、このへんがとても微妙なんですけど、そうするとつい「頑張ろう!!」と思ってしまいますよね。


 


 「早く病気を治したいので、頑張ります」


 


 と(笑)。


 


 


 ただ、その「頑張ろう」としたとき、どうしても体が硬くなってしまうように、私は感じるのです。


 


 これはたぶん、「頑張る」という言霊には、どうしても「力を入れる」「力を込める」という響きがありますので、仕方がないというか、当然のことだと思うのですが(笑)、こと、パーキンソン病を癒すにあたっては、体感として、やはり少しマイナス要因になるように感じております。


 


 それで、体をゆるめ、この病気を快癒に導くためには、やはり「リラックス」することのほうが大事だと。


 


 


 ですので、きっと、


 


 「早く病気を治したいので、頑張ります」


 


ではなく、


 


 「早く病気を治したいので、リラックスします」


 


ということのほうが、相応しい言い方になると思うのです。


 


 なんか、禅問答のようですけど(笑)。


 


 


 例えば、自律神経免疫療法でご著名の福田稔先生、安保徹先生も、その著書の中で、


 


 「副交感神経優位なリラックス体質は、体を改善に導く」


 


と仰っていますので、私の体感していることも、それほど外れていることではないと思っています。


 


 


 ただもちろん、生きていくためには、必死に頑張らなければならない局面もありますし、また、心や体の動きがあまりにも停滞気味のときは、リラックスよりも「活を入れる」ことのほうが効果的な場合もありますので、私も「リラックスが全てに万能」とまでは思っておりませんが、ことパーキンソンの治癒に関しては、このことが大変有効だと考えているのです。


 


 


 それで、私は、具体的には、次のようなことを行い、リラックスの状態に入るようにしています。


 


 


 1.「リラックスしている」、「くつろいでいる」などと唱えます。


 


 2.呼吸をゆったりとするようにします。


 


 3.頭のてっぺんから足先まで、ゆっくりと意識でサーチし、かたいところは、「ジワ~」と


ゆるめてゆきます。


 


 4.次のようなイメージを描きます。


 


  (1)明るい、心地よい光に包まれています。


  (2)美しくて、広大な風景の中にいます。


  (3)心休まる音色が、聞こえています。


  (4)全身がほぐれてゆく、香りがただよってきます。


  (5)大好きな味わいが口いっぱいに、そして全身に広がってゆきます。


  (6)温かい温泉に、ゆったりと浸かっています。


 


 5.次のような簡単なストレッチを行います(無理のない範囲で、行って下さい)。


 


  (1)両手の指を、1本ずつ、後ろ(手の甲のほう)に反らします。


  (2)(可能なら)両足の指を、1本ずつ、後ろ(足の甲のほう)に反らします。


  (3)両手を上げ、上に伸びをします。


  (4)両手を広げ、首を後ろに倒し、胸を広げます。


  (5)両手を頭の後ろで組み、頭から、首から、背中を丸めます。


 


 6.次のような簡単なマッサージを行います(無理のない範囲で、行って下さい)。


 


  (1)手の平を、簡単にほぐします。


  (2)手の指1本1本を、簡単にほぐします。


  (3)腕の肘から先の部分を、簡単にほぐします。


  (4)足の裏を、簡単にほぐします。


  (5)足の指1本1本を、簡単にほぐします。


  (6)ふくらはぎの部分を、簡単にほぐします。


  (7)頭皮を、簡単にほぐします。


    ①こめかみ ②おでこの両サイド ③両方の眉毛の上


    ④頭頂 ⑤後頭部 ⑥その他、凝っているところ


  (8)首を後ろから、簡単にほぐします。


  (9)肩を、簡単にほぐします。


 


 


 よろしければ、簡単に出来るものばかりですので、お試しになってみては如何でしょうか♪


 


 


 以上が、


 


  【早く病気を治したいので、リラックスします】


 


 のお話でした。


 


 ここまでお読みいただき、ありがとうございました。


 


 


 次回は、


 


  【私は快眠のために、こんな工夫をしています】


 


 を予定いたしております。


 


 どうぞ楽しみに、お待ち下さい。


 


 


 それでは、日増しに秋が深まってまいりましたが、ますますお元気でお過ごし下さい。


 


 ☆イチローでした^^


 


 


category: 【健康維持・体力づくり】

cm 0   tb 0   page top

★私が実践している健康法★①【呼気で体をゆるめる】 


この度、こちらのブログを管理されている99.99Mbpsさんに、大変、貴重な機会をいただき、


 


 「私が実践している健康法」


 


 というテーマで、記事を投稿させていただいておりますが、いよいよ、本編に入らせていただきます。


 


 


 今回は、その初回となりますが、


 


  【呼気で体をゆるめる】


 


 ということについて、少し、お話させていただきます。


 


 


 ご存知のとおり、呼吸法と申しましても、実に様々な方法がございますが、今回は、私が実際に行っていて、パーキンソン病、とくにその中でも「振戦・固縮」に有効のように思われますやりかたを、ご紹介させていただきます。


 


 これは、私のセルフケアーの中でも「核」となる重要な方法ですが、以下に、そのやりかたを解説させていただきます。


 


 


1.やりかたは、至って簡単で、


 


 (0)全身を、ゆったりとリラックスさせます。


 (1)最初の5秒間、口から、「ふー」と音を出しながら、息を吐き出します。


 (2)次の5秒間で、鼻から、息を吸います。


 (3)(1)と(2)の繰り返しとなります。


 (4)50回を目安に行ってみて下さい。


 


2.コツとしましては、


 


 (1)呼気の際は、お腹をへこませ、


 (2)吸気の際は、へこませたお腹の力をぬいてゆく


 


  ようにすると、やり易いかもしれません。


 


3.ただ、最初は細かいことはきにせず、とりあえず、50回ほど行ってみて下さい。


 


4.この呼吸法を行う前と、行った後のコンディション(振戦・固縮の具合など)を、確認してみて下さい。もしかすると、少し、楽になっているかも知れません(私は、かなり楽になります)。


 


5.可能でしたら、次の事なども併用してみて下さい。


 


 (1)過去に見た心地の良い景色を、想い起こしてみて下さい。


 (2)全身から明るい光が放射されていると、イメージしてみて下さい。


 (3)ご自身にとって心に響く言葉を、唱えてみて下さい。


    「ありがとう」「感謝しています」「愛してます」等々。


 (4)ヨガのポーズやストレッチ。


 


 


6.私は毎日、次のようなときに行っています。


 


 (1)


朝の起き抜けの際(このときが一番、体がゆるむのが分かります)


 (2)最寄駅までの歩行時(約20分間)


 


7.もし、効果が確認できた場合は、時間をどんどん伸ばしてみて下さい。


  意識しなくても癖になってこの呼吸法を行うようになった場合、その効果には計り知れない可能性が秘めているものと思っています。


 


 


 ただ一方、次の事項には、お気を付けいただければと思います。


 


1.決して、無理はなさらないで下さい。


 


2.体調とよく相談して、行って下さい。


 (調子が悪い場合は、中断して下さい)


 


3.とくに、過呼吸にならないよう、注意して下さい。


 


  ウィキペディア


  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%8E%E5%91%BC%E5%90%B8


 


 


 以上が、


 


  【呼気で体をゆるめる】


 


 のお話となります。


 


 ここまでお読みいただき、ありがとうございました。





 


 次回は、


 


  【早く病気を治したいので、リラックスします】


 


 を予定いたしております。


 


 どうぞ楽しみに、お待ち下さい。


 


 


 ☆イチローでした^^


 












 





category: 【健康維持・体力づくり】

cm 0   tb 0   page top

★私が実践している健康法★【イントロダクション】 

 この度、こちらのブログを管理されている99.99Mbpsさんに、大変、貴重な機会をいただき、

  「私が実践している健康法」

 というテーマで、数回に渡り、記事を投稿させていただくこととなりました。

 多くのパーキンソン病を患ってしまわれた皆さまに、安全で簡単に実行できる方法について、分かりやすくお伝えできればと思っています。

 どうぞよろしくお願いいたします。


 まずは、今回は初回ということで、ほんの少しだけ、自己紹介をさせていただきます。

 私は、社会に出てから、もうほぼ30年近くの間、呼吸法や瞑想法、気功法、そして健康法を、学んで参りました。

 そして、その過程において、ほんの少しの、体への刺激、そして、自律神経への刺激、イメージへの刺激、言葉(の領域)への刺激が、人間の心身に対し、大変、大きな影響を与えることを、実践し、実感し、そして、まだまだほんの一端に過ぎませんが、知るに至りました。

 そして、そのような機会に触れるたびに、

  人間の未知なる可能性

 に驚嘆の思いを抱いたりもいたしております。

 そこで、何とか、私の身に付けたテクニックなどを活かすことにより、少しでも、パーキンソン病を患ってしまったかたのお役にたてないかと、ブログなどで、様々な試み、そしてご紹介を行いはじめたところでございます。


 次に、私の病歴について、お話させていただきます。

 私が最初に、左腕に震えを覚え始めたのは、もう8年以上前のことでした。

 そこで「おかしい」と思い、近くの大学病院で診察と検査を受けたのですが、まだ症状があまり表に現れていないこともあってか、そのときは「経過を見てゆきましょう」ということで済まされてしまいました。

 しかし、その後、さらに左半身の震えと拘縮感が強まったので、09年12月に、再び、大学病院で検査を受けたところ、今度は、パーキンソン病の疑いがあると告知され、明けて10年1月に核医学検査とMRI検査を受け、その結果、パーキンソン病であるとの診断を受けました。

 その後は、効果的な治療を求めて、専門病院、鍼治療院、自然療法治療院など、何か所かをまわったりしましたが、現在は、

 西野流呼吸法
 湯島清水坂クリニック

 のみに通っていて、あとはセルフケアーにて、自分で治療を行っています(薬剤は、服用しておりません)。


 次に、これからの予定について、お話させていただきます。

 まず、記事の投稿は、概ね、2週間に1度のペースとさせていただきます。

 それから、記事の内容は、次のように考えております。

----------------------------------------------------------------------

 1.呼気で体をゆるめる♪

 2.早く病気を治したいので、リラックスします♪

 3.私は快眠のために、こんな工夫をしています♪

 4.アサイチはふくらはぎマッサージ♪

 5.あいうべ体操♪

 6.爪もみ療法♪

 7.「30秒で首がほぐれてしなやかになる」簡単運動です♪

 8.自分の体に、「ありがとう」と言ってみる♪

 9.聖なる方法で薬を飲む~♪

10.玄米菜食を心がけています♪

----------------------------------------------------------------------

(場合によっては、変更させていただくこともあるかもしれません。
 予め、ご了承のほど、よろしくお願いいたします)


 それでは、次回より、

  1.呼気で体をゆるめる♪

 から始めさせていただければと思います。

 
 どうぞよろしくお願いいたします。


 ☆イチローでした^^

 

category: 【健康維持・体力づくり】

cm 2   tb 0   page top

Administrator

カレンダー

現在のブログ閲覧者数

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

Count