07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

パーキンソン病はこわくない

若年性パーキンソン病に罹患した筆者が綴る悲喜交々

当ブログについてのお問い合せについて 

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

管理人の99.99Mbpsです。



当サイトに関しましてのお問い合せ、ご意見、あるいはご要望など、管理人あてのご連絡につきましては、画面左側最下部に「管理人へのお問い合せは以下にお願いします」とタイトルをつけた「メールフォーム」を設置致しましたので、こちらからご連絡頂けますようお願い申し上げます。






category: 【管理人より】

cm 0   tb 0   page top

抗うつ薬がパーキンソン病・多系統萎縮症の病変拡大を抑制する 


2012年8月17日 東北大学大学院医学系研究科




抗うつ薬がパーキンソン病・多系統萎縮症の病変拡大を抑制する


-神経難病の進行抑制に対する新たな治療法の可能性-



<http://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuuniv-press20120817_01.pdf>


 


※PDFのためリンクのみ


category: 【最新記事・報道】

cm 1   tb 0   page top

#5#「仕事について」のコメントについて 

「仕事について」(2012.8.21掲載記事)について寄せられたコメントを読んで愕然としました。

俄かには信じられないような話ですが、現実にはこういう事実というのは表面化しないだけで実際には多くあるのかもしれないなとも感じました。



<http://parkinson.blog.shinobi.jp/Entry/5/#comment1>

<http://parkinson.blog.shinobi.jp/Entry/5/#comment3>






category: 【日常生活】

cm 0   tb 0   page top

難病カルテ:患者たちのいま/51 若年性パーキンソン病 /佐賀(2) 

毎日新聞8月12日 地方版




自暴自棄になり、やる気がなくなった。足を上げにくくなり、つまずくことも多くなったことから、外に出るのが怖くなった。家にこもり、テレビを眺めてばかりいた。


仕事がなかったことが一番つらかった。「白い目で見られている気がした」。ハローワークに行き就職活動もしたが、不合格が続いた。後ろめたかった。


転機は、同じ病気の患者から誘われ、県難病相談・支援センターに行ったこと。アルバイトの誘いを受け、飛びついた。


今の仕事は、収入の手段であるとともに「社会貢献」につながると思っている。「病気があっても働くことができる姿を示したい。偏見をなくしたいから」と、病気であることを隠さず「どんどん見せていく」と決めている。「いずれあなたも、病気になるかもしれない」。そんなメッセージも込めている。


仕事への思いは、自信にもつながった。身の回りのことを自分でこなすため、平日は午前4時半に起き1時間かけて着替え、1時間かけて食事をする。生活のリズムをつかむことで「前向きに生きられる」と思える。


「一生懸命生きることが、格好良い」が信条。「生きていてよかった、と思える人生にしたいから、自分に負けないよう頑張りたいんです」



 


category: 【最新記事・報道】

cm 0   tb 0   page top

Administrator

カレンダー

現在のブログ閲覧者数

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

Count