08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

パーキンソン病はこわくない

若年性パーキンソン病に罹患した筆者が綴る悲喜交々

★患者のための水泳教室★【第1回】浮かぶこと 

昔アルバイトでスイミングインストラクターをしていた時に多くの方が悩まれてよく質問されたことがあります。

「私浮かばないんです。どうしたら浮かびますか?」という質問。

まず、人間は浮かぶように出来ています。

体の中には浮き袋(肺)がありますから浮かないわけがないんです。

が、肺の中に空気をたくさん入れていざ、泳ぎ始めようとしても浮かばない。なぜですか?と聞かれました。

それにはいくつかあります。まず、体脂肪が少ない人は浮かびづらいです。

赤みのお肉は重たいんです。実験でお鍋の中に同じ重さの赤みのお肉と刺しの入ったお肉を浮かべてみてください。

綺麗に刺しの入ったお肉はお水に浮かぶんです。

脱線しますが、「タイタニック」で船が沈没して男性が女性をいたの上に乗せて自分は水の中に入ってなくなってしまうシーンがありますが、それをおすぎさんは「あんなもの体脂肪の多い女が水に入ってたら二人共助かったのよ!!なんでディカプリオが死なないといけないのよ!!」って言ってましたが案外せいかいです。体脂肪は一旦冷えると中々暖まらないから冷たい水につかりすぎるのは良くないことですが、浮かぶということに関してはおすぎさん正解!!女性の方が浮かぶんですから案外助かったかもしれないです。

そして力むとお肉が重くなります。

緊張して力が入ると浮かびません。りら~っくすが基本です。

と、浮かぶことばかり考えていますが、浮かばないという方、では沈んでみてください。

と言っていました。

沈むのって案外難しいんです。

そこで人間が浮かぶという実験をするために沈む練習をしてみましょう。

これは区民プールとかでやると監視のお兄さんに怒られる可能性があるので前もって断ってからやることをおすすめしますが、

プールの床にねるんです。体の全面をつけてねるんです。足が浮いたり、手が浮いたり、お尻が浮いていてはダメです。全部きちんと沈みましょう。

みんな浮かばないと嘆くんですから上手に沈めるはずです。

沈んでみてください。

沈めたら次は浮かぶ練習をしましょう。

それと同時に呼吸の練習もしてしまいましょう。

息を吐ききらないと沈みませんからしっかり息を吐きましょう。

口から吐く息をバブリングといい、鼻から吐く息をボビングといいます。

泳ぐ時はバブリング・ボビングどちらも必要です。オリンピックで水の中から撮影したものを見ると選手の皆さん鼻からも口からもしっかり空気吐いています。

肺には新しい空気を入れるようにしましょう。

古いものをもったいないって貯めておくと新しいものを入れるスペースが無くなりますからしっかり吐ききりましょう。

そんな呼吸方法を頭の片隅に置きながら、浮かびます。

これはもうりら~っくす!!

どざえもんが理想です。

手を伸ばして体の中心、胸のところが浮かぶのが正解。足と手は水の中に入っているのが正解です。

足が浮かばないのが正解。いいんです。お水の中にあっていいんです。

そして苦しくなったら立ちましょう。

プールは足が付いたら息すえますから、すぐ立つ。

ひとまずこんな感じで浮かびましょう!上手に沈めて上手に浮かべるようになったら泳げるようなものです!!

まずは基本中の基本、お水になれることから始めましょう。

基本はりら~っくす!!力を抜いてお水にぷっか~っと浮かぶ。これとっても重要です。

人の目を気にしない。格好つけない。りら~っくす!!






category: ★患者のための水泳教室★

cm 0   tb 0   page top

【寄稿者から一言】幸さんからのコメント転載です 

昔スイミングインストラクターのアルバイトをしていたことがありました。

その関係で私はお水の中がとっても大好きですので、この病気になってから身体を今の状態で維持しようと考えたとき

なにか運動をと思い、スイミングを取り入れることにしました。

水中ではバランスをとることも大変ですし、身体がどちらに傾いているか、どちらに力が入っているか、よくわかります。

水中で歩くだけでも身体を維持するのに、とっても役に立つように思っています。

同じ病気の方でスイミングやってみようと思う人がいたとしたらぜひ参考にしてみてください。

いろんな教え方があります。いろんなコーチがいます。ご自身に合う人を見つけて合う指導を受けることでスイミング飛躍的に上達しますので

もし、やってみようと考えている方いらしたら、ぜひ市や町でやっているスイミングスクールなどに一度行ってみてください!!

皆さんが元気な患者さんになれますように!!






category: ★患者のための水泳教室★

cm 0   tb 0   page top

【投稿企画】病気の方への水泳教室 

当サイトにお越しいただきありがとうございます。

管理人の99.99Mbpsです。



さて本日より【投稿企画】と題しまして、病気の方への水泳教室を連載形式でUPしていきます。

こちらの記事は、水泳のインストラクターのご経験がある幸さんという方からご寄稿頂きました。



幸さん。ありがとうございます。



幸さんは以前にパーキンソン病の掲示板サイトAPPLEを見ていたときに、「パーキンソン病では泳ぐことはできないか?」という書き込みを目にしこれに対して回答の返信をしたことを思い出されたそうで、「もしよかったらこちらのブログに上げるように手を加えて寄稿しますよ」と申し出て頂きました。



予定としては、毎週日曜日に掲載することにしておりまして幸さんよりご連絡頂いておりますのは以下のクロール(全6回)となります。



【第1回】クロール初級(浮かぶこと)

【第2回】クロール初級(キック)

【第3回】クロール初級(プル)

【第4回】クロール初級(ノーブレクロール)

【第5回】クロール初級(息継ぎ)

【第6回】クロール初級(25mメートル泳ごう)



水泳は全身運動ですし、関節への負荷も少なく体幹を鍛えるのにもよい運動です。

私も若いころスポーツクラブに入って水泳をやっていましたが、年配の方などでもウォーキングなどをされて健康管理をされている方がたくさんいらっしゃいました。



ということで、私の出番はここまでで(笑)



次の記事に簡単に幸さんから頂きました簡単な挨拶コメントを転載しまして、その次の記事から本編に入ります。



では。



99.99Mbps










category: 【管理人より】

cm 0   tb 0   page top

Administrator

カレンダー

現在のブログ閲覧者数

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

Count