09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

パーキンソン病はこわくない

若年性パーキンソン病に罹患した筆者が綴る悲喜交々

休止させていただきます 

当ブログへお越しの皆様へ



管理人の99.99Mbpsでございます。



突然のお知らせとなってしまい大変恐縮ですが、一身上の都合により当ブログの更新を無期限休止させていただきます。



当ブログの運営にご協力戴きました皆様、記事を読んでくださっていた読者の皆様には本当に申し訳なく思っております。



深くお詫び申し上げます。





99.99Mbps

category: 【管理人より】

cm 1   tb 0   page top

★私が実践している健康法★②【早く病気を治したいので、リラックスします】 


この度、こちらのブログを管理されている99.99Mbpsさんに、大変、貴重な機会をいただき、


 


  「私が実践している健康法」


 


 というテーマで、記事を投稿させていただいております、☆イチローと申します。


 


 


 今回は、その第2回目となりますが、


 


  【早く病気を治したいので、リラックスします】


 


 ということについて、また少し、お話させていただきます。


 


 


 私たちは、少しでも病気を治癒してゆきたいと思っています。


 


 でも、このへんがとても微妙なんですけど、そうするとつい「頑張ろう!!」と思ってしまいますよね。


 


 「早く病気を治したいので、頑張ります」


 


 と(笑)。


 


 


 ただ、その「頑張ろう」としたとき、どうしても体が硬くなってしまうように、私は感じるのです。


 


 これはたぶん、「頑張る」という言霊には、どうしても「力を入れる」「力を込める」という響きがありますので、仕方がないというか、当然のことだと思うのですが(笑)、こと、パーキンソン病を癒すにあたっては、体感として、やはり少しマイナス要因になるように感じております。


 


 それで、体をゆるめ、この病気を快癒に導くためには、やはり「リラックス」することのほうが大事だと。


 


 


 ですので、きっと、


 


 「早く病気を治したいので、頑張ります」


 


ではなく、


 


 「早く病気を治したいので、リラックスします」


 


ということのほうが、相応しい言い方になると思うのです。


 


 なんか、禅問答のようですけど(笑)。


 


 


 例えば、自律神経免疫療法でご著名の福田稔先生、安保徹先生も、その著書の中で、


 


 「副交感神経優位なリラックス体質は、体を改善に導く」


 


と仰っていますので、私の体感していることも、それほど外れていることではないと思っています。


 


 


 ただもちろん、生きていくためには、必死に頑張らなければならない局面もありますし、また、心や体の動きがあまりにも停滞気味のときは、リラックスよりも「活を入れる」ことのほうが効果的な場合もありますので、私も「リラックスが全てに万能」とまでは思っておりませんが、ことパーキンソンの治癒に関しては、このことが大変有効だと考えているのです。


 


 


 それで、私は、具体的には、次のようなことを行い、リラックスの状態に入るようにしています。


 


 


 1.「リラックスしている」、「くつろいでいる」などと唱えます。


 


 2.呼吸をゆったりとするようにします。


 


 3.頭のてっぺんから足先まで、ゆっくりと意識でサーチし、かたいところは、「ジワ~」と


ゆるめてゆきます。


 


 4.次のようなイメージを描きます。


 


  (1)明るい、心地よい光に包まれています。


  (2)美しくて、広大な風景の中にいます。


  (3)心休まる音色が、聞こえています。


  (4)全身がほぐれてゆく、香りがただよってきます。


  (5)大好きな味わいが口いっぱいに、そして全身に広がってゆきます。


  (6)温かい温泉に、ゆったりと浸かっています。


 


 5.次のような簡単なストレッチを行います(無理のない範囲で、行って下さい)。


 


  (1)両手の指を、1本ずつ、後ろ(手の甲のほう)に反らします。


  (2)(可能なら)両足の指を、1本ずつ、後ろ(足の甲のほう)に反らします。


  (3)両手を上げ、上に伸びをします。


  (4)両手を広げ、首を後ろに倒し、胸を広げます。


  (5)両手を頭の後ろで組み、頭から、首から、背中を丸めます。


 


 6.次のような簡単なマッサージを行います(無理のない範囲で、行って下さい)。


 


  (1)手の平を、簡単にほぐします。


  (2)手の指1本1本を、簡単にほぐします。


  (3)腕の肘から先の部分を、簡単にほぐします。


  (4)足の裏を、簡単にほぐします。


  (5)足の指1本1本を、簡単にほぐします。


  (6)ふくらはぎの部分を、簡単にほぐします。


  (7)頭皮を、簡単にほぐします。


    ①こめかみ ②おでこの両サイド ③両方の眉毛の上


    ④頭頂 ⑤後頭部 ⑥その他、凝っているところ


  (8)首を後ろから、簡単にほぐします。


  (9)肩を、簡単にほぐします。


 


 


 よろしければ、簡単に出来るものばかりですので、お試しになってみては如何でしょうか♪


 


 


 以上が、


 


  【早く病気を治したいので、リラックスします】


 


 のお話でした。


 


 ここまでお読みいただき、ありがとうございました。


 


 


 次回は、


 


  【私は快眠のために、こんな工夫をしています】


 


 を予定いたしております。


 


 どうぞ楽しみに、お待ち下さい。


 


 


 それでは、日増しに秋が深まってまいりましたが、ますますお元気でお過ごし下さい。


 


 ☆イチローでした^^


 


 


category: 【健康維持・体力づくり】

cm 0   tb 0   page top

Administrator

カレンダー

現在のブログ閲覧者数

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

Count