01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

パーキンソン病はこわくない

若年性パーキンソン病に罹患した筆者が綴る悲喜交々

持病就労適度な配慮を 教師6年自信喪失 

(中日新聞プラス 2013年2月15日掲載)

◆若年性パーキンソン病 同僚並み仕事に苦戦 

 手足が震えたり、筋肉が硬くなったりする難病の若年性パーキンソン病と診断された千葉県の女性(34)は六年間、小学校教諭として働いた。
 「変な誤解やうわさが立つのを避けたい」と考え、保護者や子どもには病気を伏せ、校長や教頭、学年主任だけに打ち明けた。 「でも、隠すことは他の健康な方たちと同様の仕事ぶりが求められることだった」と振り返る。
  教師の仕事は「体力勝負」。しかし、女性は緊張すると病気で体が固まって動けなくなり、ストレスにも弱い。自由に動ける時間に、いかに要領良く仕事をこなすかを常に考えていたという。 同僚のパワフルな先生たちと同じように仕事ができない。次第に「自分のなりたい教師像に追いつけず、自信がなくなった」。年度途中に突然辞めて迷惑をかけるよりはいいと考え、余力を残して退職を決めたという。
  その後、病気を打ち明けて不動産会社に事務職として採用されたが、仕事が何も与えられない時期もあった。
 「外見は他の人と同じように見えるのが、理解されない原因の一つでは」。同僚からの無視や、病気で意図せず体が動くことへの叱責(しっせき)などもあり、仕事への自信を失ってしまったという。  今は子育てをしながら専業主婦。服薬は必要だが、一日のうち調子のいい時間帯もある。
 「フルタイムでの仕事は難しいかもしれないが、少しでも働いてお金を得ることができたら、どんなにか生きる希望が持てるでしょうか」
  難病でも、一日中調子が悪いわけではないから障害者手帳も交付されず、健康な人たちと同じように仕事をすることも難しい。 「制度の谷間、ですね」。納得できない思いでいる。

<http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2013021502000117.html>

category: 【最新記事・報道】

cm 0   tb 0   page top

「医療費控除」申告してますか? 

今年も確定申告の時期がやってまいりましたが、皆様は「医療費控除」の申告というのはされていますでしょうか?
私は毎年必ずやっています。
私の場合は、私自身は特定疾患の認定を受けていますので自己負担の医療費というのは限られた金額になるのですが、それでも1年間の家族の医療費をすべて合計すると10万円は超えてしまいます。
1つ1つは小さいんですけどね。やれ子供の耳鼻科だとか歯医者だとか、風邪をひいた時の診察・薬局とかですね。
私の周りに聞いてみても、出産・入院といった大きな出費があった年はやったけど普段は気にもしていないとか、中にはそもそも自分はサラリーマンなので確定申告は無関係なものと思い込み、申告すれば還付されるということ自体知らない方もいらっしゃいました。

「医療費控除」とは所得税の所得控除で、簡単に言うと所得者とその家族が暦年で1年間に支払った医療費の総額が10万円を超える場合、超過した部分について一定の計算に従い所得から控除してもらえるというものです。
申告手続きの方法は、支払いを証明する領収書・レシートなどと必要な申告書類(別表というものがあり様式が決まっています)を揃えて所管の税務署に提出すればOKです。

もっとも、特に慢性疾患等の病気を持った方がご家族にいないような世帯では医療費で年間10万円というのはなかなか超えないかと思いますが、パーキンソン病のように定期的な診療と継続的な薬の服用が必要な病気を持った方がご家族にいるような世帯では、もしかしたら思っている以上の出費額になっているかもしれませんので、いちどチェックしてみてもいいかもしれません。

また、医療費控除に関して意外と知られていないのが控除対象医療費として認められる範囲が割と広いということです。
対象金額としては直接の診療費・薬代以外にも通院に要する交通費、風邪をひいて薬局で買った薬代、医療施設に収容するために要するヘルパーさんに支払った人的役務への対価などもOKです。
特に高齢の患者の方がいらっしゃるような世帯では、診療費そのものよりも、移動にかかる費用の方が馬鹿にならなかったりする可能性もあるかと思いますので。

さらに私もそうですがパーキンソン病の場合、鍼・マッサージ・カイロプラクティスなどといったものを利用される方が多いと思うのですが、これも医師が医療行為の一環であると認めれば対象となります。
私、一筆書いてもらってます(笑)高いですもんね鍼とかって。

ですので、こちらもいちどチェックしてみると、今まで無理だと思っていたものが申告可能であったなんて事もあり得ますので確認してみてもいいかなと思います。
少なくとも「保険が効かない」 = 「控除できない」という関係はありませんので。

最後に申請書類の作成ですが、インターネットを介して行う電子申告「 e-Tax 」というものがありますが、これは電子証明を取得しなければならなかったとか割りとめんどいんですね。
ただこれとは別に、国税庁のホームページに「申告書類作成コーナー」というものがあり、これを利用すると特段税務に関する専門的な知識がなくても画面の指示に従って必要事項を入力していくだけで申告書類を作ってくれるというものがありますので、これとても便利だと思います。

出来上がったものをプリントアウトして提出する形にはなりますが。

確かに、還付される金額は相当高額の医療費を払っているような場合でもなければたいした金額ではないかもしれませんが、私のモットーは「取られるものは100%捕獲されてる以上、取れるものは120%取り返す

ですので(笑)

ま、戻ってきたら家族で1回おいしいもの食べに行っておしまいですけどね。。。  

99.99Mbps  

■国税庁ホームページ■
【控除対象となる医療費】
<http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1122.htm>
【申告書作成コーナー】
<https://www.keisan.nta.go.jp/h24/ta_top.htm>      

category: 【日常生活】

cm 1   tb 0   page top

再生医療市場、iPS産業化で30年に1・6兆 

(読売新聞 2013年2月22日掲載)

経済産業省の「再生医療の実用化・産業化に関する研究会」(座長=岡野光夫・東京女子医大教授)は22日、再生医療関連の国内市場が2030年に1・6兆円に達するという試算をまとめた。
 
iPS細胞(人工多能性幹細胞)などを加工して作る臓器の細胞など医療製品そのものの需要と、それを使う治療で計1兆円。さらに、細胞を培養する装置や容器など、関連産業も5500億円に上ると見込んでいる。
臓器や組織別では、加齢黄斑変性の患者などに移植する目の細胞が1000億円、パーキンソン病の治療などに使う神経の細胞が1100億円と試算した。
 
研究会は、研究者らへの聞き取りなどを踏まえ、細胞の治療がどこまで実用化するかを予測した。利用する患者数や製品価格から将来の市場規模を計算した。50年には3・8兆円の市場規模になるとみている。

<http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130222-OYT1T00546.htm>


 

category: 【最新記事・報道】

cm 0   tb 0   page top

Administrator

カレンダー

現在のブログ閲覧者数

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

Count