06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

パーキンソン病はこわくない

若年性パーキンソン病に罹患した筆者が綴る悲喜交々

ノバルティス パーキンソン病用配合薬ELC200 国内承認申請 

【ミクスOnline 2013.7.1掲載】

ノバルティス ファーマはこのほど、パーキンソン病でwearing-off現象が認められる場合の治療薬として、レボドパ、カルビドパ水和物、エンタカポンの3成分を含有した配合薬「ELC200」(開発コード)を6月27日付で、日本で承認申請したと発表した。
パーキンソン病の治療では、脳内に不足したドパミンを補充するレボドパの経口投与が中心となるが、より効率的にレボドパを脳内移行させるため、カルビドパなどのドパ脱炭酸酵素阻害薬(以下、DCI)を配合した薬剤(以下、レボドパ・DCI配合薬)が広く用いられる。しかし、疾患の進行に伴いレボドパの薬効持続時間が短縮し、次の服薬前に効果が消失するwearing off現象が認められるようになる。そうすると、このoff現象の改善に向け、レボドパを代謝するカテコール-O-メチル基転移酵素(COMT)を阻害する治療が行われる。このCOMT阻害薬がエンタカポン(製品名:コムタン錠)となる。レボドパ・DCI配合薬とエンタカポンとの併用療法の有効性は、日本神経学会によるパーキンソン病治療ガイドライン2011でも評価されている。
ノバルティスは今回の承認申請にあたり、「wearing off現象の改善効果を得ながら、1回あたりに服用する薬剤数を減らすことで患者さんの服薬時の負担を減らすことにつながる。これら3成分を1剤にすることで、より適切なwearing off治療につながることも期待される」とコメントした。
この3成分配合薬はフィンランドのオリオン・ファーマが創製・開発し、ノバルティスが導入した薬剤。日本ではノバルティス日本法人が開発した。なお、海外では製品名Stalevoとして、03年の米国を皮切りに、今年4月現在で世界90か国で承認されている。
パーキンソン病は50~60歳代に発症することが多い進行性の神経変性疾患。日本の推定患者数は約15万~18万人。発症原因は不明だが、脳内でのドパミンの不足がさまざまな運動障害を引き起こすと考えられている。主な症状は静止時振戦、筋固縮、無動、姿勢反射障害となる。

<https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/44622/Default.aspx>



category: 【最新記事・報道】

cm 0   tb 0   page top

結局6月が終わってしまいました… 

当ブログへお越しの皆様。大変ご無沙汰しております。
管理人の99.99Mbpsです。
先月の月末にブログの正常稼働を宣言し早1ヶ月、何もできぬまま6月が終わってしまいました(涙)

決算シーズンが終わりようやく一段落したかに思えたところにもってきまして、次から次へと面倒な仕事が飛び込んでくる始末で… 。
先月はほとんど自宅にいない状態で、今週末にとりあえず一旦体勢を立て直すために帰ってきました。

取り急ぎ大きなニュースがいくつかありましたので、報道記事の方だけ更新しました。

明日からまた人質のような生活が始まり、しばらく姿を消しますので無事生還しましたら改めてブログにてご挨拶させていただきます。

寒暖差が激しい日々が続いております。
皆様も体調など崩さないようご自愛の上お過ごしください。

それでは暫。

99.99Mbps





category: 【管理人より】

cm 0   tb 0   page top

京大、初のiPS臨床へ パーキンソン病で移植 

【京都新聞 2013.6.29掲載】
京都大iPS細胞研究所の高橋淳教授は29日、iPS(人工多能性幹)細胞から作った神経細胞をパーキンソン病患者に移植する臨床研究を、2015年度内に実施を目指すことを明らかにした。安全性を高めた手法の計画を来年度にも国に申請する予定で、医療応用への期待がさらに高まりそうだ。
■15年度実施目指す
 同日、大阪市内で開かれた日本弁理士会近畿支部主催のiPS細胞に関する講演会で述べた。実施されれば、京大で初のiPS細胞の臨床研究になる。
 パーキンソン病は、神経伝達物質ドーパミンを作る神経細胞が減ることで発症する。国内に約14万人の患者がいるが、根本的な治療法はない。
 高橋教授のグループの計画は、iPS細胞からドーパミンを作る神経細胞を作製、患者の脳に移植して機能の回復を図る。病気を再現したカニクイザルへの移植実験で症状の改善を確認している。
 高橋教授は「臨床研究のためのプロトコル(手順)はほぼ確立、来年度中に(研究所や国への)申請したい」と述べた。安全で効果的な治療には良質のドーパミン神経細胞を選んで移植する必要があるが、「(細胞を)純化する技術はほぼ完成しつつある」とした。
 iPS細胞を使った世界初の臨床研究として、理化学研究所(神戸市)が滲出(しんしゅつ)型加齢黄斑変性という目の病気への移植治療を計画。厚生労働省の審査委員会で承認され、来年夏にも実施される見込み。

<http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20130629000116>



category: 【最新記事・報道】

cm 0   tb 0   page top

パーキンソン病の認知症を“嗅ぎ分け” ドネペジル用いたRCT開始 

【MT Pro 2013.6.24掲載】

 従来,パーキンソン病(PD)では,振戦,無動,固縮,姿勢反射障害の4大徴候として知られる運動症状が特に注目されてきたが,近年は運動症状に対する薬物治療が進歩し,その治療成績は向上しているという。一方,認知・精神機能障害,睡眠障害,感覚障害,自律神経障害などの非運動症状は考えられていた以上に高頻度に見られる上,運動症状に先行して発現したり,患者QOLに大きく影響したりすることが指摘され,重要視されるようになった(関連記事)。こうした中,東北大学大学院神経内科学准教授の武田篤氏らは昨年(2012年),PD患者における重度の嗅覚障害が認知症の前駆症状であるとの研究結果を発表(関連記事)。その結果を基に,今年度(2013年度)から,重度の嗅覚障害を呈するPD患者に対する認知症治療薬ドネペジルの予後改善効果を検討する,多施設共同プラセボ対照二重盲検ランダム化比較試験(RCT)DASH-PD※を開始した。同氏に,DASH-PDの試験デザインやドネペジルを用いる理由などを聞いた。

<http://mtpro.medical-tribune.co.jp/mtpronews/1306/1306062.html>





category: 【最新記事・報道】

cm 0   tb 0   page top

「パーキンソン病って? 運動はどんな事をすればいいの?」 

【箱根病院 2013.6.18】

公開講座の案内です。話題の「LSVT BIG」についての内容が含まれているようです。
9月11日(水)の午後ですね。平日か。。。

<http://hakonehosp.com/pp-entry/?p=1096>



category: 【最新記事・報道】

cm 0   tb 0   page top

アルコールによるパーキンソン病リスク,ビールで減・蒸留酒で増 

【MT Pro 2013.6.19掲載】

アルコール摂取はさまざまな疾病リスクとの関連が報告されているが,パーキンソン病(PD)の発症リスクとの関連については明らかにされていないという。米国立環境衛生科学研究所(NIEHS)のRui Liu氏らは「米国立衛生研究所(NIH)-米国退職者協会(AARP)食生活・健康調査」の登録データから,アルコールの摂取量および種類と将来的なPD発症リスクについて検討した。その結果,ビールのみの摂取では,摂取量が増えるに従ってPD発症リスクが減少していた一方,蒸留酒では摂取量の増加に伴いリスクも増加していたという。

<http://mtpro.medical-tribune.co.jp/mtpronews/1306/1306059.html>



category: 【最新記事・報道】

cm 0   tb 0   page top

皮膚色素細胞の脳内移植でパーキンソン病モデルの症状改善 

【岡山大学プレスリリース 2013.6.13】
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科神経情報学分野の浅沼幹人准教授、宮﨑育子助教らの研究グループは、チロシナーゼというメラニン色素を生成する酵素をもつ皮膚色素細胞(メラノサイト)をパーキンソン病モデル動物の脳内に細胞移植することで、変性しているドパミン神経細胞に代わってドパミンが産生、放出され、パーキンソン病モデルの異常運動症状が長期にわたって安定して改善できることを初めて見出しました。胎児脳や幹細胞の移植治療が抱える問題を回避できる自家移植による治療につながると期待されます。
 本研究成果は平成25年6月13日、オンライン科学誌『PLOS ONE』に掲載されました(米国東部標準時6月12日17時)。


 パーキンソン病は神経変性疾患で、脳内の中脳から線条体に向かうドパミン含有神経が次第に変性することにより、振戦、筋固縮、無動、姿勢保持障害といった運動症状を呈します。運動症状に対しては、主にドパミンの前駆物質のL-ドパやドパミン受容体に作用する薬剤によるドパミン補充治療が行われていますが、安定したドパミン濃度の維持が難しく、薬効の減弱や症状の変動といった問題症状が出現するようになります。
 アミノ酸チロシンからのL-ドパ生成は、脳内ドパミン神経ではチロシン水酸化酵素、皮膚色素細胞(メラノサイト)ではメラニン色素生成にはたらく酵素チロシナーゼにより行われていることに我々は注目していました。そこで、変性したドパミン神経の代わりにチロシナーゼをもつマウス皮膚メラノサイトを、パーキンソン病モデルマウスのドパミン放出が低下している脳線条体内に細胞移植したところ、持続的なドパミンの産生と異常運動症状の改善が移植3ヶ月後までみられ、移植した細胞の生着も確認できました。チロシナーゼが発現していないアルビノ(白皮症)マウスのメラノサイトを移植してもドパミン産生や症状改善がみられないことも確認しました。さらに、新見公立大学の難波正義学長(岡山大学名誉教授)らとの共同研究で、チロシナーゼ遺伝子を導入した肝細胞を移植してもドパミン産生や症状改善がみられました。
 欧米では胎児脳ドパミン神経の移植治療が行われており、またES細胞、iPS細胞などの幹細胞からドパミン神経を分化させ移植することも研究されていますが、倫理的問題や腫瘍形成あるいは拒絶反応を回避するための免疫抑制剤の長期使用などの問題をかかえています。今回の研究結果は、パーキンソン病患者自身の皮膚色素細胞(メラノサイト)の自家移植という胎児脳や幹細胞の移植が抱える問題を回避できる新たな治療開発につながるものと期待されます。

<http://www.okayama-u.ac.jp/tp/release/release_id46.html>

category: 【最新記事・報道】

cm 0   tb 0   page top

パーキンソン病…新薬次々 使い分け可能 

【読売新聞 2013.6.13掲載】
 動作が緩慢になり、手の震えや歩行障害などが起こる「パーキンソン病」。根本的に治す治療法はないが、症状を長く抑える薬が次々と登場し、状態に応じた薬の使い分けが可能になってきた。
画像の拡大
 パーキンソン病は50歳代の発症が多く、患者数は約14万人に上る。手足が震える、手足を曲げにくくなる、動作が鈍くなる、姿勢が悪く倒れやすくなる、などの特徴的な運動症状が表れる。
 進行すると、寝付きの悪さなどの睡眠障害、夜間頻尿などの自律神経症状、幻視やうつなどの精神症状、記憶力低下などの認知機能障害が表れることもある。
 脳の「黒質」と呼ばれる部分の神経細胞が減り、運動の指令を伝える化学物質「ドーパミン」を十分作れなくなることが原因と考えられている。
 治療はドーパミンを補充する薬「L―ドーパ」が主に使われる。この薬の効果は高く、運動症状が劇的に改善するが、何年か使うと効果の持続時間が短くなってくる。
 しかし、服用頻度を増やすと自分の意思とは関係なく四肢などが動く副作用「ジスキネジア」が起こりやすく、増量には限界がある。そこで、ドーパミンの働きを補う別の薬「ドーパミンアゴニスト製剤」を併用することになるが、効果は長時間続かず、1日に何度も効果切れが繰り返されるようになる。
 全国パーキンソン病友の会が患者約1500人に行った調査では、日中に薬の効果切れで困っている患者は68%に上り、夜間や早朝にも54%が効果切れに苦しんでいた。夜間に薬の効果が切れると、寝返りを打てず目覚めたり、トイレに間に合わなくなったりする。このような状態が続くと夜間の介助が必要になり、家族の負担も増す。
 そこで開発されたのが、1日1回の服用で効果が続く徐放性のドーパミンアゴニスト製剤だ。2011年以降、飲み薬タイプの「ミラペックスLA」と「レキップCR」が発売された。また今年2月には、皮膚に貼るタイプの「ニュープロパッチ」が使えるようになった。
 福岡大病院神経内科教授の坪井義夫さんは「貼り薬は消化管からの吸収の影響を受けず、安定した効果を得やすい。皮膚のかぶれなどの心配がある患者は飲み薬の方がよい」と話す。
 また、緊急時に約1時間の持続効果が得られる自己注射剤「アポカイン」や、L―ドーパと併用する非ドーパミン系の薬「ノウリアスト」も発売された。
 パーキンソン病の治療では、脳の一部に電気を流し、症状を防ぐ脳深部刺激装置の埋め込み手術も注目されている。だが手術の対象は、L―ドーパがよく効くものの、すぐに効果が切れたり副作用がひどかったりする患者に限られる。L―ドーパが効かない患者は手術の効果も期待できず、対象にはならない。
 坪井さんは「パーキンソン病の治療は薬をうまく使い分けることが重要です。治療期間が長くなる若い患者は、まずドーパミンアゴニストだけで治療を行い、劇的に効くが次第に効果が落ちるL―ドーパの使用をできるだけ遅らせるなどの工夫が必要です」と話す。

<http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=79068>



category: 【最新記事・報道】

cm 0   tb 0   page top

Administrator

カレンダー

現在のブログ閲覧者数

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

Count