06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

パーキンソン病はこわくない

若年性パーキンソン病に罹患した筆者が綴る悲喜交々

パーキンソン病 日本発の新薬 他の薬と併用 効果長持ち  

【日本経済新聞 2013.7.5掲載】

手足が震えたり動作が緩慢になったりするパーキンソン病は、進行すると歩き方がぎこちなくなり、日常生活にも支障をきたす。根本的に治す治療法はないが、症状をできるだけ長く抑える新薬の登場が相次いでいる。従来とは作用の仕方が違う薬が世界に先駆けて日本で使えるようになり、治療の選択肢も広がってきた。ただ、薬の効き方や症状の個人差が大きいことも同病の特徴だ。自分にあった治療ができるように主治医とじっくり相談したい。…

<http://www.nikkei.com/article/DGKDZO56964070U3A700C1EL1P00/>

category: 【最新記事・報道】

cm 0   tb 0   page top

【佐渡】難病医療講演会 ~パーキンソン病と上手につきあうために~ 

【新潟県HP佐渡健康福祉環境部 2013.6.27掲載】

「難病医療講演会 ~パーキンソン病と上手につきあうために~」を開催します
佐渡保健所では、パーキンソン病について正しく理解して、上手に病気とつきあっていけるよう、日常生活の過ごし方等についての講演会を開催します。
佐渡総合病院 神経内科部長 三瓶一弘先生から、ご講演いただきます。講演後は、ご希望の方に対して個別相談を予定しております。
パーキンソン病と診断された方、病気について不安のある方、それを支えておられるご家族の方など多くの参加をお待ちしています。

【日 時】平成25年7月30日(火)
     午後2時00分から4時00分まで
      (開場:午後1時30分から)

【場 所】佐渡総合病院 2階 講堂
     (住所:佐渡市千種161番地 TEL:0259-63-3121)

【対象者】パーキンソン病患者さん及びそのご家族等

【内 容】①講演「パーキンソン病と上手につきあうために」
     (講師 佐渡総合病院 神経内科部長 三瓶 一弘先生)
     ②個別相談(希望制)

【申 込】個別相談希望者が多数の場合は調整させていただきたいので、
     7月22日(月)までに下記までご連絡をお願いします。
     なお、当日参加も可能です。

<http://www.pref.niigata.lg.jp/sado_kenko/1356761824852.html>



category: 【最新記事・報道】

cm 0   tb 0   page top

Administrator

カレンダー

現在のブログ閲覧者数

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

Count