06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

パーキンソン病はこわくない

若年性パーキンソン病に罹患した筆者が綴る悲喜交々

動いて笑って半分でっす!! 

昨日は、超ーーーーーーーーー久々にPCに触る必要がない休日でした。

天気も夕方からちょっと怪しいというような感じでしたが、日中は「晴れ」とのことだったのと、既に夏休みに入っている息子2人から明日はスケートボードパークに行きたいと言われていたこともあり、久しぶりに息子たちと3人でスケボー三昧の1日となりました。

さて、この書き出しを読んだ方の中には、
「おいおい99さんよ。あなた日記ブログのほうに上げるべき記事を間違ってこっちの病気ブログに上げちゃってませんか?」
と怪訝に思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ダイジョウブです。ご安心下さい。間違いではありません。こっちのブログに上げるだけの理由があるんです。

では話を戻します。

少し早目の昼食を済ませた後家を出て、2つ隣の駅にある施設で昼過ぎから薄暗くなるまでぶっ通しでスケボーです。もう「お前は水浴びしたのか?」っていうくらい全身汗まみれ。各自持参した水筒の麦茶など早々に底をつき、コンビニで水と氷を買い足して給水しながらずっとです。

行きは電車で行ったのですが帰りは妻が車で迎えに来て、そのまま息子の25メートル泳げたお祝いという名目で近所の焼肉屋へ。
生ビール飲んで肉食べて三杯飯喰らって家に到着後シャワーを浴びてそのままぶっ倒れ、先ほど目が醒めました。

ここ最近は運動はおろか、ロクに歩いてもいなかったので起き上がってみると全身バキバキ(>_<)
ロボコップみたいな歩き方になってしまいました(笑)

で、ここからが本題です。

先日の記事でも取り上げましたが、固縮に関しては一般的にも言われてますし私の経験上も極めて実感の強いところなのですが、まずもって動くということが大事です。動いている方が症状が出にくいですし、結果的に薬が長く効いているということになります。

それとプラスもう一つ。

楽しいことをしていたり、興奮したりするとドーパミンが多く分泌されるってのもよく聞くと思います。私も主治医からよく言われます。これも間違いないです。
以前にもディズニーランドのあのクソ人混みの中を1日中歩きまわったにも関わらず、薬が普段より少なく済んだという記事を書いたことがありますが、やはり仕事をしているときよりも遊びに行ったり旅行をしていたりする時の方が薬は長く効いていることがほとんどですね。

で、昨日なのですが。

ECドパール半分です。

さらに付け加えると、スケボーをやっている間は何と1回しか飲んでないんです。出かける前に1回、やっている途中に1回、終わった後妻の車を待っている間に1回ですので。

参考までに、ここ数日(※眠れなかったこともあり若干オーバー気味)の薬の量を記録したものを下記に記載します。

無題

一応補足すると、左からECドパールのみ半錠(0.5錠)で残りがすべて1錠単位。つまりECドパールは10で5錠です。
薬は左からECドパール、レキップ(1㎎)、レキップ(2㎎)、コムタン、シンメトレルです。

驚きますよね!ECドパール!!

約半日の間、茹だるような暑さの中延々と動き回っているにもかかわらず、涼しい部屋でパソコン操作しているだけの時よりも消費量が少ないんですよ。しかも体が疲れてるのですぐ寝ちゃいましたから薬を服用しなくていい時間も長くなる訳ですから。

子供の頃見た映画で「ブッシュマン」っていう映画があって、その映画のパンフにこんなような詩が書いてありました。

日が昇るから目が醒める

目が醒めるから腹が減る

腹減るから狩りをする

狩りをするから飯食える

飯食えるから幸せだ



~      眠くなる


途中いくつかあるのですが、要するに人間の、というか自然の摂理に従って生きている彼らには何の欲も不満もなく毎日幸せに生活しているということを謳ったものなんでしょうね。

なぜかわかりませんが、急にふとこの詩の事を思い出しました。


いやいや、こりゃどうもワタクシIT関連は適性アリマセンナ(笑)間違いなく。。。
イチかバチか「ガテン系」の仕事に転職したら治っちゃうかもしれませんよ、ホント。

と、そんな気分にすらなった1日のお話でございます。


99.99Mbps

category: 【日常生活】

cm 4   tb 0   page top

Administrator

カレンダー

現在のブログ閲覧者数

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

Count