07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

パーキンソン病はこわくない

若年性パーキンソン病に罹患した筆者が綴る悲喜交々

iPS備蓄計画が最終段階に 山中氏「一日も早く供給したい」 

【河北新報 2013.8.26掲載】

人工多能性幹細胞(iPS細胞)を利用した病気やけがの治療開発に関するシンポジウムが26日、東京都内で開かれ、京都大の山中伸弥教授は再生医療に使う安全性の高いiPS細胞の備蓄計画について「提供者の選定が最終段階。一日も早く移植を目指す先生方に供給したい」と話した。
 この日は、再生医療の実現を目指す科学技術振興機構の研究プログラムに参加した中心的な研究者らが、今後の目標を発表。京都大の高橋淳教授は、患者のiPS細胞を使ったパーキンソン病の臨床研究を再来年には始め、脳血管障害の治療開発も進めたいとした。

<http://www.kahoku.co.jp/news/2013/08/2013082601001977.htm>


category: 【最新記事・報道】

cm 0   tb 0   page top

大日本住友 抗パ薬トレリーフ錠の適応にwearing-off現象を追加 

【ミクスOnline 2013.8.27掲載】

大日本住友製薬はこのほど、抗パーキンソン病薬トレリーフ錠25mg(一般名:ゾニサミド)の適応にwearing-off現象を追加する承認を取得したと発表した。同現象は、レボドパ製剤等を投与を続けるにつれて効果持続時間が短縮するもので、発現すると日常生活が難しくなる。同剤はレボドバ製剤と併用して、効き目がなくなる時間の短縮を図る。

今回、追加フェーズ3を実施し、パーキンソン病の病態の進行に伴って生じる症状の日内変動(wearing-off現象)への改善が認められたことで、用法・用量の一部変更が8月20日付で承認された。1日1回50mgを投与する。

同剤は09年1月にパーキンソン病(レボドパ含有製剤に他の抗パーキンソン病薬を使用しても十分に効果が得られなかった場合)の適応で承認された。患者には嚥下障害を伴うことが多いため、水なしで服用できる口腔内崩壊錠(OD錠)を7月に申請し、さらには、パーキンソニズムを伴うレビー小体型認知症(DLB)患者を対象に国内フェーズ2を実施している。DLBは認知症全体の約2割を占め、アルツハイマー型認知症に次いで多いといわれている。

<https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/44819/Default.aspx>


category: 【最新記事・報道】

cm 0   tb 0   page top

Administrator

カレンダー

現在のブログ閲覧者数

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

Count