08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

パーキンソン病はこわくない

若年性パーキンソン病に罹患した筆者が綴る悲喜交々

レキップCRレポート⑨(まとめ) 

昨日、ちょうど12時間経過した時点までレポートしましたが、その後21時前にECドパール0.5錠、コムタン1錠を服用しました。

普通の人?(笑)であれば、これで通常は最終となり就寝されるかと思いますので、これで一応1日の全体的な感想をまとめたいと思います。

【レキップCR錠を服用してみた印象】

・まず10㎎を1発で飲むことによる服用時の不安ですが、特に注意を要するようなリスクはないと思います。
レキップの場合、服用後の脱力感と吐き気が心配だったのですが、驚くべきことに吐き気はまったくなく、レキップ特有の抜けるような脱力感も支障があるほどのものではなく、30分から1時間程度でほぼ消失する感じでした。ただし、服用後15分程度まではかなり強い脱力感であるため、多少手足が動かしづらかったり、細かい作業をしようとすると震えがでました。

・次に最も興味のあった「本当に効果が持続するのか?」ですが、これについては間違いなく持続します。
レボドパのような切れ味はありませんが、1日を通じて全体の底上げをしてくれる感じです。具体的には、レボドパを追加で服用した時点での効果の効きが速いことと、レボドパの効いている時間を長持ちさせてくれます。

・あとこれもレボドパを追加で服用した時に感じたのですが、一旦消失してしまったかに思えるレキップの抜ける感じが再度レボドパを服用すると蘇る感じがします。飲んでしばらくするとハッキリと「あ、レキップまだ効いてるわ。」って感じますので。

以上が全体としての印象ですが、「さすが後発の薬だけあってよくできてる」という感想ですね。
効果もきちんと持続してくれますし、目立った副作用等もありませんので現状数回に分けて飲んでいた私にとっては手間が省けますし、むしろ一日を通じて安定している分だけ分割して飲むよりもいい感じでした。

引き続き気づいたことがあればまたレポートします。


99.99Mbps



category: 【薬】

cm 0   tb 0   page top

Administrator

カレンダー

現在のブログ閲覧者数

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

Count