07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

パーキンソン病はこわくない

若年性パーキンソン病に罹患した筆者が綴る悲喜交々

鬼門 ‐ 入院6日目に難所アリ… ‐ 

いや、キツイです(>_<)

断薬です。

昨夜の21時以降から本日の朝一番の検査(RI検査)が終わるまで薬の服用を止めなければならないというのがありまして。
入院前から薬を止める必要がある検査もあるということで聞いてはいたので覚悟はしていたのですが。

いざその時を迎えるとですね。
まず動ける動けないって話以前に心理的重圧が大きいです。
一般の人にはなかなかわからない心理状態だと思うのですが、もう10年以上も「腹が減れば飯を食う」「のどが渇けば水を飲む」と同じレベルで「動けなくなれば薬を飲む」という生活をしてきた私にとって、「動けなくなっても飲めない」というのは、大げさではなく「生命の維持」を脅かすくらいの大問題ですので。
で、まあ一晩抜いてみてどうだったかという話なんですが、、、
99.99Mbps慣れしている読者の方ですと、このあたりでサプライズな展開があるのでは?と密かに期待してしまうところではないかと思うのですが(笑)

サプライズはありません。
ふつーにガチでしんどいです((+_+))


21時に最後に飲んで、夜半過ぎの1時あたりからですかね、徐々に固縮が始まり背中と右足が痺れるような痛みとともに言う事をきかなくなり。
寝てても体の節々が痛くて固まっていくばかりなので起き上がって歩きたいんですけど、すくみがひどくて歩くに歩けない。一歩踏み出したら永遠に止まれない感じですね。
何か動いて筋肉をほぐそうにも場所は深夜消灯後の病棟内である以上やれることに限りがあるし.
結局一睡もできませんでした・・・・((+_+))

ちなみに今夜もレポドパラマダンなんです・・・涙
やれやれ。。。


【入院6日目】
・RI検査(心筋シンチではなくて脳血流の検査です)
・リハビリ(理学療法):主に歩行時の問題と日常生活についてのヒアリング
・リハビリ(作業療法):手の動き(運動機能)の検査。主にONとOFFでどの程度差があるのかを確認するのが目的だそうです。

本日のレポートは以上でございます。
燃料に限りがあるので、この辺で失礼いたします(笑)
99.99Mbps

category: 【DBS手術】

cm 0   tb 0   page top

Administrator

カレンダー

現在のブログ閲覧者数

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

Count