04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

パーキンソン病はこわくない

若年性パーキンソン病に罹患した筆者が綴る悲喜交々

術後2カ月を経て 

毎度のことながらご無沙汰です。
99.99Mbpsでございます。

大分期間が空いてしまいましたが久しぶりに更新します。
術後2カ月を経過して現在の状況のご報告になります。

これからDBS手術を受けようと考えている人は手術ももちろんですが、術後の経過が当然一番気になるところだと思います。
これについては、やはり症状そのものや、薬の服用量については個人差があるところだと思いますので、あくまで一つの症例として参考にしていただければと思いますが、実は先日外来受診した際に待合でばったりと入院時に同室で私の翌週にDBS手術をされた54歳の男性とばったりお会いして近況やその後の症状などをざっくばらんに雑談したのですが。
その男性も適用がよかったようでかなり体の調子はいいということで非常によろこんでいらっしゃいました。
やはりDBS手術の場合には事前の検査入院における各種の検査、特にドーパテストの結果で適用があるという診断が下れば、よほど想定外のことがおこらないかりぎりは、手術による症状の改善はほぼ約束されているのかなという印象を受けました。

さて、それで肝心の私の現在の症状ですが。

まず、総じて自分自身の印象を一言で言ってしまえば、「病気であることを忘れてしまいそう」なほど普通です。
最近はわずかに処方されているジスキネジア対策のシンメトレルと、急激な減薬による副作用を避けるためという理由で僅かに処方されているレキップCR錠も油断すると服用を忘れてしまいがちなくらいなんです。
僅か数か月前までは2時間おきに飲むECドパールが2時間待ちきれずじりじりとしていた状態が考えられないほどの違いがあります。
現在は朝起床時にレキップCR錠2mgを2錠の4mg、シンメトレルを朝昼晩の3回が処方箋上の薬の量で、頓服的な扱いで必要があれば夜レキップCR2mgを1錠という状況です。
凄くないですか?この減り方(笑)
実際レキップを飲み忘れてもどうということはないんですよ、実を言うと。主治医も「4mgなんてのは飲んでいるうちに入らないくらいの量なので、止めてもいいんだけど一応ねぇ・・・」みたいな感じでして。

Lドーパももう2カ月以上飲んでませんしアゴニストもわずかな量になってますので、当然のことながら私にとって一番の問題であったジスキネジアもほぼ消失したといっていい状態になりました。
時々です。ホント時々ジスキネジアの子供みたいなのがちょろっと出るかなってくらいです(笑)
ただ、これも最近いつ出たかな?って思いださないと思い出せないくらいの頻度になってます。

と、まあいいことづくめで悪いことは何もないのかって話なんですが。
1つだけあるんです。

それが夜寝るときに出るのですが。
パーキンソン病の方だと結構これが出る人が多いって以前に聞いたこともあるんですが。
足のムズムズです。
特に私が悪い方の右足のムズムズが先月くらいまで酷くでました。
起きる症状自体はジスキネジアに似てるのですが、感覚的には別物です。
それに足のムズムズは術前では全くでなかった症状ですので。

ムズムズ感を感じると、なんかモジモジモジモジと足を動かさずにはいられずになって、そのうちそれが酷くなって何かを蹴ったり背中までムズムズして我慢しきれずに飛び起きてしまったりとかするんですね。
で、主治医に言ったところ、レキップが急激になくなってる影響が考えられるということで、それで夜の頓服1錠が出てるんです。
実際夜1錠レキップを飲んで寝ると、ムズムズが出なくなる可能性が高まります。出ないとは言い切れません。レキップを飲んでも出るときは出ますので。ただ、飲まないよりは間違いないく格段にムズムズはしなくなりますので。
ここ数週間になってようやくこのムズムズも沈静化傾向に入ってきておりまして、出ても症状が軽く眠ってしまえば消えてしまう程度です。
慢性的な不眠状態も術前に比べれば劇的に改善されて夜中1回か2回目が覚める程度で朝までずっと眠れるようになってます。

という感じで術後2ヵ月経過時点における総括は、「全く問題がないとは言い切れないものの、手術の成果は確実に実感できるレベルにあり、徐々に小さな問題も消失傾向にある」という感じです。

参考までに最後に現在の私のSTNの圧ですが、
左(右脳)※症状の軽い左半身→2.1A
右(左脳)※症状の重い右半身→2.3A
です。
薬が少ない分電気刺激が強いのかと思われた方驚くと思いますが、現在はこれほどの微弱な電気で全く問題ありません。
99.99Mbps


category: 【病状・薬】

cm 3   tb 0   page top

Administrator

カレンダー

現在のブログ閲覧者数

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

Count