07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

パーキンソン病はこわくない

若年性パーキンソン病に罹患した筆者が綴る悲喜交々

術後約5カ月を経過して 

3月10日にDBS手術をして5カ月が経過しました。
術後3回ほど外来診察にて電圧の微調整を行いましたが、経過自体は非常に良好と言っていいと思います。

電圧自体も「微調整」と書いた通りで、3回の診察のうち2回0.1A調整しただけです。
術前に主治医より「脳の腫れが完全になくなるまでには半年ほどかかる」と言われていたので、それまでは腫れがひくのに応じてどんどん電圧を上げていくのかと思っていたのですがそんなこともなく・・・
服用している薬も現在は朝起床時にレキップCR錠を2錠、シンメトレルを1錠だけでレボドパは一切服用していません。

レキップCR上についても、はっきり言って服用することで何か変化があるのか?と言われると正直言って「飲んでも飲まなくても変わらない」と言っていいほどです。
ただ、しいて言えば起床後は同じ姿勢を長時間継続したことでやや背中から首に張りがあるのですが、薬を飲むことでこれが少し緩和されるような気がします。ホント「気がする」程度の変化なんですけどね(笑)

で、大問題だった「ジスキネジア」はどうなったかというと、これも完全に消えました。
当然ですよね、レボドパ飲んでないんですから(笑)

と、いいことずくめで手術後困っていることは全くないのか?といわれるとひとつだけあります。

ムズムズ足が寝るときに出ます。
これはDBS手術をしたパーキンソン病患者には比較的多いそうなのですが、足が疼くんです。
痺れるような感じが出たりピクピク痙攣するような症状が出るのですが、これが困りもの。
別に痛みとかはないんですけど、気持ち悪いんですね。眠れません。

電気風呂ってご存知ですかね?
微弱な電流をながしてある風呂で銭湯とかによくあるかと思うのですが。
あれにずっと入ってるみたいなんです。足が。
ずっと弱いピリピリ感が出て気持ち悪くて眠れないんです。

うつぶせになると消えることもあるのですが、あおむけの状態でじっとしているといつの間にか始まるんですよ。
で、止めたくても止められないのでたまりかねて起きてしまうんです。
で、起きたり寝たりともぞもぞやっているうちに東の空がうっすらと明るくなってくるみたいな感じで。

主治医に相談したところ「ムズムズ足がでたらレキップCRを追加で1錠飲んでみるように」と言われそうしてみたんですが、これも消える時もあれば消えない時もありで確実ではないんですね。

ジスキネジアではないらしいんですけど、結果的にモゾモゾモゾモゾ動き回るので妻も起こしてしまうような次第で。

これが今一番困っているところです。
何かいい方法ご存知の方いらっしゃいましたら是非ご教示いただけますようお願いいたします。
99.99Mbps

category: 【DBS手術】

cm 0   tb 0   page top

「低脂肪」に落とし穴!? 摂り過ぎに注意 

【健康百科 2017.8.17掲載】

低脂肪乳製品の多量摂取が、パーキンソン病のリスクにも


「脂肪イコール悪」というイメージはいまだ根強く、健康やダイエットを意識している人にとって、「低脂肪」は魅力的なワードだ。低脂肪とそうでない商品が並んでいたら、迷わず「低脂肪」を選ぶという人も少なくないだろう。そうした中、米国のハーバード大学公衆衛生大学院の研究グループが、気になる研究結果を発表した。スキムミルクや低脂肪牛乳などの低脂肪乳製品を多量に摂取することが、パーキンソン病のリスクになりうるというのだ。研究の詳細は、7月4日発行の医学誌「Neurology」(2017;89:46-52)に掲載されている。

スキムミルクと低脂肪牛乳の摂取で39%のリスク増


 今回、研究グループは、米国内で実施された2件の大規模疫学研究―①Nurses'Health Study(対象は看護師8万736人、追跡期間26年)と②Health Professionals Follow-up Study(対象は医療従事者4万8,610人、同24年)―のデータを用いて、乳製品の摂取量とパーキンソン病の発症との関連について調査した。

 その結果、低脂肪乳製品の摂取はパーキンソン病の発症リスクと関連し、低脂肪乳製品を1日3サービング(1サービングは約240mL)以上摂取するグループは、摂取しないグループに比べて、パーキンソン病を発症するリスクが34%上昇した。

 スキムミルクと低脂肪牛乳に限定すると、1日3サービング(1サービングは約240mL)以上摂取するグループは、摂取していないグループに比べて、パーキンソン病の発症リスクが39%高まった。

 研究グループは、「なぜ、スキムミルクや低脂肪牛乳を摂るとパーキンソン病のリスクが上昇するのか、その仕組みを解明するにはさらなる研究が必要だ」としている。

<http://kenko100.jp/articles/170817004374/#gsc.tab=0>


category: 【報道・記事】

cm 0   tb 0   page top

Administrator

カレンダー

現在のブログ閲覧者数

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

Count