07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

パーキンソン病はこわくない

若年性パーキンソン病に罹患した筆者が綴る悲喜交々

Lドーパ(当時34歳) 

 ここで反応してくれればこの段階でもう「パーキンソン病」という確定診断で決まりだったと思うのですが、何故か全くLドーパに反応しないんです。
もしかしたら、何らかの変化(固縮が緩む等)の変化が出ていたのかもしれませんが、少なくとも自覚症状としては薬を飲んでも特に変化はなく、歩行が改善されることもありませんでした。

こうなるともうお手上げですよ。

何をしようが一切異常は出ないにもかかわらず症状は悪化する一方。
今振り返るとこの頃が一番難儀だったかもしれません。

仕事もまだこの頃は都内まで通勤していましたし、クライアント先にも出向くような形態の仕事でしたので外出もほぼ毎日のようにありましたから。

人混みがまずいんです。
自分のペースで歩けるような状況だとまだなんとかなるのですが、人に前を歩かれたり意図しないところで急に行く手を遮られたりすると一気にバランスを崩してしまう。
酷いときになるとピンボールの球みたいにあっちの壁に突っ込んではつかまり、こっちの壁に突っ込んではつかまり、みたいな感じでしか進めない。要はまっすぐ進んでいるとどんどん加速して前を歩いている人に突っ込んでしまいそうになるんです。

周囲の目にも明らかに奇異に映る歩き方ですから、下手すりゃ不審者かなにかと勘違いされてもおかしくないくらいです。

この頃は、いろんな病院まわりました。
あっちで検査、こっちで診察みたいなことを繰り返して。
MRIだCTだって飽きるくらいやりましたね。
SPECTも2回やったかな・・・

で、最終的には「パーキンソン病の疑いがあるのであればパーキンソン病のメッカへ」ということでJ大にかかります。

ここで、まだ当時は現場で診察をされていたM先生よりLドーパではないある薬が処方されます。

ここが一つのターニングポイントとなります。
99.99Mbps




category: 【発症から…】

cm 0   tb 0   page top

神経内科(当時34歳) 

生まれて初めて「入院」というものを経験しました。

検査入院で3日間市内の総合病院の神経内科で検査と診察を受けます。
脳のMRI、髄液の採取、レントゲン等の検査を受けますが・・・

結果的には何も出ず・・・

パーキンソン病はこういった病理的な検査で異常値を示さないのが特徴ともいえる病気で、結果的に初期の段階でなかなか確定診断がつかない原因にもなっている現状だと思います。

私もまったくの「シロ」でしたので、その時点では多少はほっとしたところもあったのですが。

ただし、症状自体は良くなるどころか徐々に危険を伴うレベルになってきており。
顔を突き出して腰を前に折りつま先立ちみたいになって突進してしまうんですね。
典型的な歩行障害の前方突進です。
当時診察した先生もはっきりとは断言しないものの「パーキンソン症状がある」というような言い方で、最終的には薬です。
Lドーパ(ECドパール)を朝1錠飲んでみて何かしらの反応が出るかどうか一定期間見てみるということになりました。

1回で1錠は今考えれば少ない量ではないのですが、当時はそんなことは知るすべもなく。
ある程度はっきりとした量を服用しないと反応が顕著に顕れないってことだったんですかね?
ちょっとよくわかりませんが。。。

で、服用を始めます。

ところが・・・

反応しません。

??????
99.99Mbps

category: 【発症から…】

cm 0   tb 0   page top

Administrator

カレンダー

現在のブログ閲覧者数

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

Count