10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

パーキンソン病はこわくない

若年性パーキンソン病に罹患した筆者が綴る悲喜交々

凝集化するタンパク質1分子の励起運動を世界で初めて観察-東大 

【Q-LifePro 2017.11.7掲載】

生体内タンパク質分子の異常凝集、アルツハイマー病などとの関係も

東京大学は11月2日、タンパク質数十個の分子が凝集する過程で、激しいブラウン運動を伴う分子凝集体の形成と崩壊が繰り返されていることを世界で初めて観察したと発表した。この研究は、同大大学院新領域創成科学研究科(産業技術総合研究所-東京大学先端オペランド計測技術オープンイノベーションラボラトリ兼務)の佐々木裕次教授、大阪大学、神戸大学、高輝度光科学センターの研究グループによるもの。研究成果は、「Scientific Reports」のオンライン速報版で公開されている。

生体内タンパク質分子の異常凝集として有名なアミロイドーシスは、アルツハイマー病やパーキンソン病などの神経系疾患から、2型糖尿病などの内分泌疾患、プリオン病など20種類以上の疾患との関係が議論されている。しかし、それぞれの疾患に対する有効な治療法は確立されていない。その原因には、生体内溶液中でのタンパク質分子の動的な振る舞いに関する情報の欠如がある。研究グループは、タンパク質溶液の局所的な1分子動態観測とその計測技術の確立を目的とし、凝集化プロセスのモデルケースとして、過飽和溶液条件下での分子凝集に着目した。

激しいブラウン運動を伴う分子凝集体の形成と崩壊を繰り返す
研究グループは、超高感度1分子計測法であるX線1分子追跡法(DXT)を用いた。DXTは、直径20~80nmの超微小金ナノ結晶をタンパク質分子の目的のアミノ酸位置に化学標識し、ナノ結晶の運動をX線回折観察から高速時分割追跡できる。同技術・コンセプトは、佐々木裕次教授が1998年に考案・実証したもの。このDXTは、これまで1分子の高速計測を目的として利用されてきたが、今回初めて、タンパク質分子のナノ微小領域動態計測に適用できることが明らかになったという。

研究グループはDXTの応用により、過飽和溶液中のタンパク質分子(リゾチーム)の凝集化プロセスで、タンパク質分子内部およびその周辺が激しく運動していることを観測。この結果を詳細に解析したところ、この激しい運動は、フェムトニュートンという非常に微弱な力場を形成していることが判明した。これは、激しいブラウン運動を伴う分子凝集体の形成と崩壊が繰り返されていることを示しているという。

今回の研究成果により、アルツハイマー病などの発症プロセスと強く関わるタンパク質凝集プロセスを1分子観察できるようになった。これによって、過飽和現象を利用した新しい治療戦略を展開できる可能性がある、と研究グループは述べている。

<http://www.qlifepro.com/news/20171107/excitation-motion-of-one-molecule-of-agglutinating-protein.html>

category: 【報道・記事】

cm 0   tb 0   page top

新発見って・・・ 

ひとつ前に掲載した山形大のニュースですが、またまた結構な大ニュースですよね!

これまで原因遺伝子については順天堂大の研究を先駆としながら原因たんぱく質等の特定やメカニズムについて解明されてきた部分がかなりありますが、ここにきて「新たに」発見されるってのはかなり凄いことだと思うんですよ。
そもそもパーキンソン病はいわゆる難病の中では研究が飛躍的なスピードで進んでいる分野の疾患ですから。
もう大概出るものは出尽くしてたのかと思いきやって感じがしませんか?(笑)
私だけですかね・・・(^-^;

category: 【筆者雑感】

cm 0   tb 0   page top

山形大、パーキンソン病で新たな関連遺伝子発見 

【日本経済新聞 2017.11.6掲載】

 山形大学医学部は6日、手足の震えや体のこわばりが起こる難病「パーキンソン病」に関わる新たな遺伝子を発見したと発表した。同病の9割をしめる親兄弟に発症者がいない原因不明の孤発性(非遺伝性)の患者の血液を検査した結果、約1割にミドノリンという遺伝子の異常が認められた。同大では新たな発症メカニズムの解明、創薬につながる発見としている。

 山形大では70歳の健常者100人と平均約65歳の孤発性パーキンソン病患者86人の血液を検査。その結果、健常者には異常がなかったが、患者の10.5%ではミドノリン遺伝子が減少していた。

 さらに、同遺伝子をラットのゲノム編集などで欠損させたところ、神経細胞の神経突起が伸びなくなるほか、パーキンソン病の原因遺伝子、パーキンの発現が抑制されることも判明、細胞内の不良タンパク質の蓄積が進み神経細胞のストレスとなってパーキンソン病の発症・進行につながっている可能性が出てきた。

 同大では、分子疫学的な解析に加え、生化学的な手法で、パーキンソン病の新たなリスク遺伝子を発見できたことから、今後、さらにそのメカニズムの解明を進め、将来の創薬につなげられるとみている。

 研究成果は英科学誌サイエンティフィック・リポーツ(電子版)に掲載された。

<https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2315009006112017L01000/>

category: 【報道・記事】

cm 0   tb 0   page top

Administrator

カレンダー

現在のブログ閲覧者数

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

Count