12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

パーキンソン病はこわくない

若年性パーキンソン病に罹患した筆者が綴る悲喜交々

iPS備蓄計画が最終段階に 山中氏「一日も早く供給したい」 

【河北新報 2013.8.26掲載】

人工多能性幹細胞(iPS細胞)を利用した病気やけがの治療開発に関するシンポジウムが26日、東京都内で開かれ、京都大の山中伸弥教授は再生医療に使う安全性の高いiPS細胞の備蓄計画について「提供者の選定が最終段階。一日も早く移植を目指す先生方に供給したい」と話した。
 この日は、再生医療の実現を目指す科学技術振興機構の研究プログラムに参加した中心的な研究者らが、今後の目標を発表。京都大の高橋淳教授は、患者のiPS細胞を使ったパーキンソン病の臨床研究を再来年には始め、脳血管障害の治療開発も進めたいとした。

<http://www.kahoku.co.jp/news/2013/08/2013082601001977.htm>


category: 【最新記事・報道】

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://parkinsons.jp/tb.php/170-082e9da3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

Administrator

カレンダー

現在のブログ閲覧者数

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

Count