12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

パーキンソン病はこわくない

若年性パーキンソン病に罹患した筆者が綴る悲喜交々

食後対策として追加されたガスモチンが・・・ 

さて、以前から当ブログを読んでいただいている方は既にご存知かと思いますが薬に関して私の場合の特徴というか問題点というのは大きく2つありまして。

ひとつが眠れないということ、もうひとつが食後の薬の効きが非常に悪いということ。
もっともこの2つは同病の方であれば程度の差はあるにせよある程度同じような問題があるのではないかと思います。

私の場合には、処方されている薬の量で足りなくなる理由はこの2つの原因に限定されます。つまり逆に言えば通常の服用量での効果が得られないから増量するということはないんですね。
眠れないので余計に必要になる、食べた後だけ飲んでも正常な活動が可能な状態まで戻らないので追加で飲むといった結果超過してしまうということです。

ちなみに処方箋上の現在の私の1日の薬の服用量は以下になります。

①ECドパール:5.5錠(1日6回約2時間毎に服用)

②コムタン100㎎錠:8錠(分4 毎食後寝る前)

③シンメトレル50㎎錠:6錠(分2 朝昼食後服用)

④レキップ1㎎錠:15錠(分6 3,2,3,2,3,2)

ここに今回、食後対策として、

⑤ガスモチン5㎎錠:3錠(分3 朝昼夜食後服用)

が追加になりました。

このガスモチンというのは抗パ薬ではなく、消化管の働きを活発にする薬で、要するに消化を促進させることにより、その後の薬の効果を促進するために追加されたということです。(Lドーパは胃ではなく十二指腸で吸収されるのでさっさと胃を通過して欲しいんですね(笑))

また、上記の記載に関して「処方箋上は」とことわりを付けた理由は、実際の服用は処方箋の通りではなくコムタンとレキップについては状態と相談しながら飲むタイミングと量を調整して飲むようにしているからです。
処方箋は1日に許される上限の量になります。

これを見てすぐお気づきになると思うのですが、ECドパールについては2時間おきに11回分あるわけですから計算上では22時間分処方されているわけで、普通に見れば足りないはずがないですよね。
また、レキップについても敢えて2㎎錠を使わずに1㎎錠を15粒にしている理由も回数と量を調整しやすくするためなんです。

コムタンとシンメトレルはジスキネジアとの相談みたいなところがあって、コムタンが強すぎるとジスキネジアが出やすくなるのでこれを抑えるためにシンメトレルをぶつけていく感じですね。
で、前回まではシンメトレルが4錠だったためこれは増やしてくれとお願いして6錠にしてもらいました。これによってジスキネジアで困る時間というのは以前より確実に減ってます。

それで、問題の睡眠と食後の話ですが。
睡眠はこれまでも導眠剤などを出してもらっていろいろやってみたのですが、これといった効果がなく有効な手がない状態なので、今回は食後の問題をなんとかできないかということでガスモチンを試してみたという形になります。

で、結果なのですが。

うーん、微妙。というのが正直な感想ですね。
まったく効果がないとは言いません。やや薬が効いてくるのが飲まない場合に比べて早いような気がします。
ただホントちょっといいかなという程度で、これで食後もバッチリ問題なく効きますよというのはちょっとキビシイですね。

まあそれでも特に副作用とかあるわけではないようですし、便秘の症状もやや改善されたようなところもありますので、もし食後の効きの悪さが大きな問題となっている方いらっしゃいましたら試してみる価値はあるかもしれません。
先生に相談してみてはいかがでしょうか?





category: 【薬】

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://parkinsons.jp/tb.php/188-cc7729a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

Administrator

カレンダー

現在のブログ閲覧者数

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

Count