11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

パーキンソン病はこわくない

若年性パーキンソン病に罹患した筆者が綴る悲喜交々

薬について4(L-dopaレボドバ) 


■□L-dopa(レボドパ)



・ドパストン散98.5  大原薬品工業株式会社

<http://www.qlife.jp/meds/rx14484.html >



・ドパゾール錠200mg  第一三共株式会社

<http://www.qlife.jp/meds/rx14552.html >



・ドパストンカプセル250mg  大原薬品工業株式会社

<http://www.qlife.jp/meds/rx14483.html >



・イーシー・ドパール配合錠  協和発酵キリン株式会社

<http://www.qlife.jp/meds/rx16797.html >



・ネオドパゾール配合錠  第一三共株式会社

<http://www.qlife.jp/meds/rx17084.html >



・マドパー配合錠  中外製薬株式会社

<http://www.qlife.jp/meds/rx16290.html >



・レプリントン錠100mg  辰巳化学株式会社

<http://www.qlife.jp/meds/rx6333.html >



・ドパコール錠100mg  日医工株式会社

<http://www.qlife.jp/meds/rx14697.html >



・ネオドパストン配合錠L100  第一三共株式会社

<http://www.qlife.jp/meds/rx17163.html >



・パーキストン配合錠L100  小林化工株式会社

<http://www.qlife.jp/meds/rx16227.html >



・メネシット配合錠100  MSD株式会社

<http://www.qlife.jp/meds/rx16258.html >



・ネオドパストン配合錠L250  第一三共株式会社

<http://www.qlife.jp/meds/rx17164.html >



・メネシット配合錠250  MSD株式会社

<http://www.qlife.jp/meds/rx16259.html >



・ドパコール錠50mg  ダイト株式会社

<http://www.qlife.jp/meds/rx14939.html >



 



【閲覧される方へ注意事項】



ここに掲載されたコメントは実際にこれらの薬を服用された方のコメントです。パーキンソン病で使用される薬の効果は個人差が激しく、同様の症状を呈しているにも関わらず、ある人には効果があり、ある人には効果がないという例は珍しくありません。



閲覧にあたってはこの点を十分にご理解頂いた上でご覧ください。ここに掲載されている内容をもって薬の効用自体を測定するものでは決してありません。



 



【投稿いただく方への留意事項】



コメント欄は形式は自由です。箇条書きでも文章でも結構ですので書きやすい形式でご記入ください。また、ご記入いただく内容につきましては、主観的な感想や印象なども非常に重要な情報になります。「気持ち悪くなった。」とか「口が渇いて水飲んでもベタベタする。」又は「形状が飲みづらい」など何でも結構でございます。気になったこと、気づいたことは何でもご記入ください。



 



※雛形(コピーして使ってください)



【投稿名(ニックネーム)】:[※空欄でも結構です     ]



【性別】:[    ]



【年齢】:[   歳]



【発症後年数】:[   年]



【主な症状】:[     ]



【薬】:[            ]



【1日あたりの用量・用法】[                                      ]



【効果・効用・副作用・その他感想など】



[                                                       ]



 



※記入例



【投稿名(ニックネーム)】:[99.99Mbps



【性別】:[男]



【年齢】:[41歳]



【発症後年数】:[10年]



【主な症状】:[歩行障害(すくみ・前方突進・後方突進)、姿勢反射障害]



【薬】:[ECドパール]



【1日あたりの用量・用法】[半錠(0.5錠)を2時間おきに8回の計(4錠)が標準。緊急時予備で最大6錠まで]



【効果・効用・副作用・その他感想など】



[筋肉のこわばりが消失。ほぼ正常な姿勢と歩行が可能。半錠で平均23時間効果が持続。吐き気等特になし。肉等のたんぱく質を食べた後著しく効きが悪い。睡眠が不足した場合も効きが悪い。8回のうち、奇数回がレキップと、偶数回がコムタンと併用。レキップと併用の時に軽度のジスキネジアが出やすい(無意識に体をゆする。意識すれば止められる程度) 。赤コーラで飲むと効果が短時間で出る。]



 



 



category: 【薬】

cm 6   tb 0   page top

コメント

No title

【投稿名(ニックネーム)】:[幸]

【性別】:[  女  ]

【年齢】:[  33 歳]

【発症後年数】:[  2 年]

【主な症状】:[ 無動、顔面のチック症状、記憶障害    ]

【薬】:[マドパー配合錠]

【1日あたりの用量・用法】[ 起きがけに半錠、朝、昼、晩に各1錠づつの1日3条半                                     ]

【効果・効用・副作用・その他感想など】

[     動けるようになります。 私にはピッタリあっているようで今のところ副作用も出ていません。出ているのかもしれませんが低血圧くらい。動きに関してはまったくもって副作用は出ていません。きっとパーキンソン病がマドパー配合錠と同じくらいの力を発揮していることと思います。それで副作用でないのかなぁと勝手に思っています。          
幸 #79D/WHSg URL [2012/08/29 06:41] edit

No title

30代中ごろ。お医者さんにかかった一番の理由が運転中に右足が震えてしまってブレーキを踏んでいられないからだったんですが、一番最初に処方されたパーキンソン病系の薬はECドパールでした。効果がはっきりと表れている感覚がなかったので効いていないと思うと医師に言ったら、薬を変えずに増量増量でした。そのうち怖くなったので、薬は飲まなくなりました。

その後、引っ越した先で新たな病院でビシフロールを処方されました。よく効いていますが、交通手段が増えたことと以前のトラウマから運転はまったくしていません。
ジェリー #79D/WHSg URL [2012/08/29 07:10] edit

No title

【投稿名(ニックネーム)】:[99.99Mbps]
【性別】:[男]
【年齢】:[41歳]
【発症後年数】:[10年]
【主な症状】:[歩行障害(すくみ・前方突進・後方突進)、姿勢反射障害]
【薬】:[ECドパール]
【1日あたりの用量・用法】[半錠(0.5錠)を2時間おきに8回の計(4錠)が標準。緊急時予備で最大6錠まで]
【効果・効用・副作用・その他感想など】
[筋肉のこわばりが消失。ほぼ正常な姿勢と歩行が可能。半錠で平均2~3時間効果が持続。吐き気等特になし。肉等のたんぱく質を食べた後著しく効きが悪い。睡眠が不足した場合も効きが悪い。8回のうち、奇数回がレキップと、偶数回がコムタンと併用。レキップと併用の時に軽度のジスキネジアが出やすい(無意識に体をゆする。意識すれば止められる程度) 。赤コーラで飲むと効果が短時間で出る。]
99.99Mbps #79D/WHSg URL [2012/08/29 08:16] edit

No title

朝一発目のマドパーは即座に効いてもらわないと困るため、グレープフルーツジュースで飲んでいます。
以前は全部の薬を全部の時間グレープフルーツジュースで飲んでいましたが、薬剤師さんに、「効き目が劇的でよく効きますが、薬の効果が消失するのも早いのでなるべくなら55度のお湯で飲むのが一番です。55度のお湯はポットのお湯半分とお水半分でできますのでそれで飲むといいです。」と言われ、今では職場のお湯をつかってお昼のお薬も、夜のお薬も大体55度のお湯で飲んでいます。
幸 #79D/WHSg URL [2012/08/31 09:33] edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#  [2017/05/31 08:06] edit

Re: ご相談

初めまして。
ご質問の件ですが、あいにくドパコール100については私自身服用した経験はなく、また服用されている方も存じ上げません。
ですのでドパコール自体の効果時間がどのくらいなのか?という具体的なご質問にはお答えしかねますが一般論として以下。

レボドパ製剤はご存知かと思いますがドーパミンそのものを補充するための薬であり、またドーパミンは一度に大量に摂取しても体に滞留しないという性質上、「朝飲んで夜までばっちり」というわけにはいきません。
ただではレボドパがどの程度の量でどの程度の時間効くものなのか?というのはおそらく相当の個人差があり病気の進行の程度によっても変わってくると思います。
私はレボドパはECドパールが処方されていましたが、私の例でいえばレボドパの服用を始めた8年ほど前は朝夕半錠の1日1錠で十分でしたが、DBS術前直前の今年3月の時点では2時間おきに半錠を13回∔1回(眠れない場合の予備)の6.5錠服用していました。
つまり初期の頃は半錠で6時間以上問題なく動けていたものが進行と共に効かなくなり最後は2時間も待ち遠しいくらい効果が持続する時間が短くなってきたということです。

したがってまとめますと、「ドパコールの効果時間は?」という質問に対しての回答は「症状の進行の程度や薬の合う合わないといったことで違ってくると思うので、一概に何時間とは言えません。ただ、現在の量で生活上支障があるのであれば主治医の先生に相談してみた方がいいと思います。むやみにレボドパを増量することは好ましくないことはもちろんですが、薬を服用しているうえで生活に支障があるのであれば服用する意味がないとも言えますので。主治医の先生に具体的に困っていることを伝えれば、レポドバの増量以外にもレボドパの効き目を補助するアゴニストや抗コリン薬などを使うことによって効きをよくするような処方をしてくれるかもしれませんので。」

回答になっていないかもしれませんが、またわからないことがあればお気軽にご連絡くださいね。
コメントありがとうございました。

99.99Mbps
99.99Mbps #- URL [2017/06/01 10:20] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://parkinsons.jp/tb.php/19-899fdc49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

Administrator

カレンダー

現在のブログ閲覧者数

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

Count