12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

パーキンソン病はこわくない

若年性パーキンソン病に罹患した筆者が綴る悲喜交々

STC Lifeが幹細胞研究治療センターでパーキンソン病患者の治療に成功 

【Business Wire 2014.2.18】

ソウル--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- STC Life Co., Ltd.(会長:KYE HO LEE)の幹細胞研究所と97.7 B&H Clinic(代表理事:WON JU JUNG)は、パーキンソン病患者の間葉系幹細胞治療を成功裏に完了しました。パーキンソン病は慢性進行性の神経変性疾患です。

パーキンソン病は黒質に分布するドーパミン神経細胞が徐々に死滅することが原因で発病します。慢性進行性の変性疾患で、振戦、硬直、動作緩慢、姿勢不安定を特徴とします。一般的な薬物療法はパーキンソン病に効果がなく、他の治療法も存在しません。

97.7 B&H Clinic(代表理事:WON JU JUNG、www.977bnh.com)はパーキンソン病患者の静脈に幹細胞を、2週間ごとに3回投与しました。成人幹細胞の一種である間葉系幹細胞は新生目的で多く使用され、STC Lifeの幹細胞研究所(所長:SANG YEON LEE)は胎児の臍帯から採取した幹細胞を使用しました。

幹細胞治療を受けた患者は言語障害や上下肢まひなどの症状の顕著な低減を示し、また軽い運動が可能になるほど良好な経過を示しました。また、患者の言語能力、視覚機能、記憶力が向上し、認知機能の顕著な低下は示されませんでした。

この結果を受け、STC Life(www.stclife.com)のKYE HO LEE会長は、将来において国内外の難治性疾患患者に満足していただけるよう、一層力を入れるという強い抱負を表明しました。

間葉系幹細胞治療が副作用なしに症状を低減できることは証明済みです。

<http://www.businesswire.com/news/home/20140218005769/ja#.UwTGmPl_t1V>


category: 【最新記事・報道】

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://parkinsons.jp/tb.php/190-13e9b1aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

Administrator

カレンダー

現在のブログ閲覧者数

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

Count