12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

パーキンソン病はこわくない

若年性パーキンソン病に罹患した筆者が綴る悲喜交々

薬について6(抗コリン薬) 


■□抗コリン薬



・アーテン錠(2mg  ファイザー株式会社

<http://www.qlife.jp/meds/rx106.html >



・アーテン散1  ファイザー株式会社

<http://www.qlife.jp/meds/rx98.html >



・アキネトン細粒1  大日本住友製薬株式会社

<http://www.qlife.jp/meds/rx8276.html >



・アキネトン錠1mg  大日本住友製薬株式会社

<http://www.qlife.jp/meds/rx8277.html >



・コリンホール散1  田辺三菱製薬株式会社

<http://www.qlife.jp/meds/rx17591.html >



・コリンホール錠2.5mg  田辺三菱製薬株式会社

<http://www.qlife.jp/meds/rx17592.html >



 



 



【閲覧される方へ注意事項】



ここに掲載されたコメントは実際にこれらの薬を服用された方のコメントです。パーキンソン病で使用される薬の効果は個人差が激しく、同様の症状を呈しているにも関わらず、ある人には効果があり、ある人には効果がないという例は珍しくありません。



閲覧にあたってはこの点を十分にご理解頂いた上でご覧ください。ここに掲載されている内容をもって薬の効用自体を測定するものでは決してありません。



 



【投稿いただく方への留意事項】



コメント欄は形式は自由です。箇条書きでも文章でも結構ですので書きやすい形式でご記入ください。また、ご記入いただく内容につきましては、主観的な感想や印象なども非常に重要な情報になります。「気持ち悪くなった。」とか「口が渇いて水飲んでもベタベタする。」又は「形状が飲みづらい」など何でも結構でございます。気になったこと、気づいたことは何でもご記入ください。



 



※雛形(コピーして使ってください)



【投稿名(ニックネーム)】:[※空欄でも結構です     ]



【性別】:[    ]



【年齢】:[   歳]



【発症後年数】:[   年]



【主な症状】:[     ]



【薬】:[            ]



【1日あたりの用量・用法】[                                      ]



【効果・効用・副作用・その他感想など】



[                                                       ]



 



※記入例



【投稿名(ニックネーム)】:[99.99Mbps



【性別】:[男]



【年齢】:[41歳]



【発症後年数】:[10年]



【主な症状】:[歩行障害(すくみ・前方突進・後方突進)、姿勢反射障害]



【薬】:[ECドパール]



【1日あたりの用量・用法】[半錠(0.5錠)を2時間おきに8回の計(4錠)が標準。緊急時予備で最大6錠まで]



【効果・効用・副作用・その他感想など】



[筋肉のこわばりが消失。ほぼ正常な姿勢と歩行が可能。半錠で平均23時間効果が持続。吐き気等特になし。肉等のたんぱく質を食べた後著しく効きが悪い。睡眠が不足した場合も効きが悪い。8回のうち、奇数回がレキップと、偶数回がコムタンと併用。レキップと併用の時に軽度のジスキネジアが出やすい(無意識に体をゆする。意識すれば止められる程度) 。赤コーラで飲むと効果が短時間で出る。]



 



 



category: 【薬】

cm 1   tb 0   page top

コメント

No title

【投稿名(ニックネーム)】:[99.99Mbps]
【性別】:[男]
【年齢】:[41歳]
【発症後年数】:[10年]
【主な症状】:[歩行障害(すくみ・前方突進・後方突進)、姿勢反射障害]
【薬】:[アーテン錠]
【1日あたりの用量・用法】[4mg.朝晩1錠ずつ]
【効果・効用・副作用・その他感想など】
[発症初期の頃、まだレボドバが開始される前に約2年間服用していた初期の頃のメインの薬です。当時まだ確定診断がつかず、とはいえ歩行の変調は酷くなる一方という状況で、結論的には町医者では埒が明かないということで順天堂の水野先生に1年ほど診て頂いていました。その際に「典型的なパーキンソン病の症状とはちょっと違う。」ということでとりあえずアーテンを試してみましょうということから始まりました。当初はアーテン1錠のみで嘘のように普通の状態に戻りましたが、これも服用が長期になってくると徐々に効かなくなりました。副作用という程ではありませんが、アーテンはとにかく口が渇きます。水分をとってもなかなかこの口の渇きがとれません。それ以外は特に吐き気などはありませんでした。]
99.99Mbps #79D/WHSg URL [2012/08/29 08:21] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://parkinsons.jp/tb.php/21-c757b653
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

Administrator

カレンダー

現在のブログ閲覧者数

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

Count