12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

パーキンソン病はこわくない

若年性パーキンソン病に罹患した筆者が綴る悲喜交々

東大とJST 認知症に関する遺伝子の機能を解明 

【Q LifePro】(2014.07.25掲載)

これまで不明だったカルシンテニンの働き
東京大学と独立行政法人科学技術振興機構(JST)は7月18日、同大大学院理学系研究所の富岡征大助教と飯野雄一教授らが、認知症に関する遺伝子の機能を解明したと発表した。

タンパク質の一種であるカルシンテニンは、アルツハイマー病やレビー小体型認知症、パーキンソン病といった神経疾患に関与することが示唆されており、またカルシンテニンの遺伝子に存在する個人差は記憶能力に相関することが報告されている。

ほかにも、アルツハイマー病の原因とされるアミロイドベータの産生にカルシンテニンが関与する、レビー小体型認知症やパーキンソン病の患者の脳脊髄液でカルシンテニンの量が変化するといった知見はあるものの、神経系でどのように働いているかについてはよくわかっていなかった。

認知症の治療や記憶・学習能力の向上に
そこで研究グループは、線虫C.エレガンスを用いてインスリンやカルシンテニンが学習を制御するメカニズムを研究。インスリン受容体にはアミノ酸の数が異なる2種類のタイプが存在することを明らかにし、このうちの大きなタイプがカルシンテニンの関与する輸送系により神経細胞内でシナプス領域へ運ばれることが、飢餓経験と環境情報(場所の塩濃度)を結びつける学習に必要であることを見いだしたという。

今後の展望について、プレスリリースでは

今回の成果が認知症の治療や記憶・学習能力の向上に役立つことが期待されます。(東京大学 プレスリリースより引用)
と述べられている。


<http://www.qlifepro.com/news/20140725/clarifying-the-functions-of-tokyo-and-jst-dementia-gene.html>


category: 【最新記事・報道】

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://parkinsons.jp/tb.php/219-aa1c16c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

Administrator

カレンダー

現在のブログ閲覧者数

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

Count