12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

パーキンソン病はこわくない

若年性パーキンソン病に罹患した筆者が綴る悲喜交々

米FDA パーキンソン病の幻覚・妄想に対する初の治療薬承認 

(ミクスonline 2016.5.10掲載)

米食品医薬品局(FDA)は、4月29日、パーキンソン病に伴う精神症状である幻覚および妄想に対する初の治療薬Nuplazid錠(pimavanserin)を承認した。同剤は、選択的セロトニン逆作動薬(SSIA)と呼ばれる新規クラスの薬剤で、選択的にパーキンソン病の精神症状に重要な役割を果たしていると思われる5-HT2A受容体を標的とするだけでなく、抗精神病薬によって標的とされるドパミンや他受容体の活性を抑制しない。既存のパーキンソン病治療薬では、振戦、筋硬直や歩行困難などの運動症状を治療するためにドパミンを刺激する薬剤から構成されている。 (抄)

※全文閲覧にはサイト登録が必要です。

<https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/54084/Default.aspx>


category: 【報道・記事】

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://parkinsons.jp/tb.php/251-0c2d83ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

Administrator

カレンダー

現在のブログ閲覧者数

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

Count