12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

パーキンソン病はこわくない

若年性パーキンソン病に罹患した筆者が綴る悲喜交々

事後報告になりますが・・・ 

昨年の夏にDBS手術をするための術前評価を目的とした2週間の入院をレポートしたのを最後に、ブログの更新が止まっておりました。
当初の予定ではあの後年末に手術を行い、今頃はすっかり終わっているはずだったのですが・・・

実はあの後事態が二転三転致しまして、結果だけ申し上げますと年末の手術は辞退して、年が明けた1月に仕切り直しで都内のJ大病院にて再度評価をしたうえで、今月3月にDBS手術を実施しまして現在術後の入院中という状況にあります。
手術の詳細については別途記事にしますが、今回は私自身に余裕がなくレポート風にDailyでログをアップするようなことができなかったことをお詫びしします。(当初はそうすると言っていたもので・・・)

また、今回の入院は手術を伴う入院であったため比較的入院期間が長期になったこと、日本におけるパーキンソン医療の研究と実績では最先端といっていいであろうJ大という場所であったこと、等々から私自身いろいろ勉強になったり驚いたりしたことも多かったので、今回はそれらについてもきちんと整理してログにあげてくつもりでいます。

最後に現在の私の術後の経過ですが、おかげさまで手術は何の問題もなく無事に終了し、経過も良好で現在は刺激の調整を行っている最中です。ちなみに、今まで服用していた薬の量との比較ですが、こちらについては退院時に処方された薬の量で記事にするつもりです。(現在はまだ刺激と薬の量を調整中のため)
ですが、薬については間違いなく私のケースでは「激減」します。
「激減」というのは半分とか3分の1とかいう生半可な減り方ではなく、レポドパとアゴニストは無くなるというくらいの衝撃的な減量になりそうな感じだという事だけ予告的にお伝えしておきます。

また、1月〜3月までの報道とピックについては退院後4月以降記事にしてまいりますので、そちらについてはしばらくお待ちください。

以上、簡単ですがログ更新再開しますという宣言だけ(自分自身に宣言(笑))
ブログ管理人 99.99Mbps

category: 【DBS手術】

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://parkinsons.jp/tb.php/274-8c66fb84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

Administrator

カレンダー

現在のブログ閲覧者数

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

Count