12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

パーキンソン病はこわくない

若年性パーキンソン病に罹患した筆者が綴る悲喜交々

iPS神経細胞を迅速審査 京大のパーキンソン病治療 

〈共同通信 2017.2.28掲載〉

厚生労働省は28日、優れた効果が見込まれ、医療製品としての審査を迅速に進める「先駆け審査」の対象に、パーキンソン病の治療を目指して人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った神経細胞など7品目を指定したと発表した。

 神経細胞は、京都大の高橋淳教授らが大日本住友製薬と共同で作製。患者の脳に移植し、神経伝達物質を分泌させることで、パーキンソン病の改善を狙う。病気のサルで有効性が確認され、高橋教授らは2018年度中に医師主導治験での実施を目指している。

 国立がん研究センターなどが開発した遺伝子検査システムも指定された。

<this.kiji.is/209262139578073096>



 

category: 【報道・記事】

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://parkinsons.jp/tb.php/300-768f3be5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

Administrator

カレンダー

現在のブログ閲覧者数

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

Count