12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

パーキンソン病はこわくない

若年性パーキンソン病に罹患した筆者が綴る悲喜交々

京大、ヒトES細胞量産化 10年で20株樹立を計画 

【日刊工業新聞 2017.07.05掲載】

京都大学ウイルス・再生医科学研究所の末盛博文准教授らは4日、臨床用のヒトES細胞(胚性幹細胞)株の樹立やストックの作製計画を発表した。不妊治療の余剰胚を用い、再生医科学のヒトES細胞用処理施設で10月からES細胞を作製。安定的に大量供給できる体制とする。12月初旬に最初の株の樹立を目指し、2018年2月にも医療機関への細胞株分配を始める。今後10年で20株の樹立を計画している。

研究グループは、足立病院(京都市中京区)から、患者が破棄を決めた使わなかった受精卵の提供を受ける。同病院は年間500―600個の受精卵を破棄しており、その一部を有効活用する。

安全性を確保するため、マウス由来のフィーダー細胞(増殖・分化の環境を整えるための補助的な細胞)を使わない培養法でES細胞を作製する。培養液も成分由来が全て特定できるものを使用する。さまざまな組織へと分化誘導し、網膜疾患や脊髄損傷、パーキンソン病、糖尿病、心筋梗塞などの治療に活用することを想定している。

同計画は6月30日に文部科学・厚生労働の両相により、ヒトES細胞の樹立に関する指針への適合が確認されている。

<https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00434599>

category: 【報道・記事】

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://parkinsons.jp/tb.php/332-10bb3148
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

Administrator

カレンダー

現在のブログ閲覧者数

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

Count