12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

パーキンソン病はこわくない

若年性パーキンソン病に罹患した筆者が綴る悲喜交々

発端・・・の前の前兆?(当時32歳) 

さて、ではさっそく。

どこから書こうかなとちょっと悩んだだのですが細大記憶している範囲内で詳細に書こうと思いまして。
まずははっきりとした初期症状が出る以前の話から書きたいと思います。

これも、後になって考えてみれば「もしかしたらこれもパーキンソン病の兆しではなかったのかな?」と思えるだけで、当時は当然こんな病気は想像だにしてませんでした。

私は最初に就いた仕事が資格取得向けの専門学校の講師でした。
その後紆余曲折を経て30歳の時に現在のソフトウェア関連のITベンチャー企業に転職しています。
それがなんだ?と思われるかもしれませんが、私、10年近く「立ち仕事」だったんですね。
それが転職を機にデスクワーク主体になりPCにかじりつくような毎日になりまして。

そんな環境の変化が背景にありました。

で、腰痛と肩こりです。

まあ、目、首、腰が痛くなるのは別に私に限った話ではないと思いますし私も最初のうちは長時間PC業務をすることによる疲れ程度に思ってました。

ところがですね。

これがこりで片付けられない程度の痛みになってきまして。
背中が痛いんです。30分くらいしか座ってなれない。
それでもいったん立ち上がって伸びをしたりストレッチなどすると痛みは一旦和らぐのですが、自席でまた業務を続けていると行く時間もしないうちにまた痛みがひどくなるような始末で。

当時は冷房が直撃する席が良くないのかな?とか思い席を移動するなど、講じられる手段は講じたのですが症状はあまり芳しくなく・・・

この背中の痛みがもしかしたら一番最初に顕れた兆しだったのかもしれません。

ただ、この段階ではまだ何らかの医者に診てもらおうというところまでは思いもしませんでしたし実際に何科の診察も受けていません。

実際に「医者に行こう」と思うまでの症状が別に顕れるまでにはまだ数か月の期間を要します。

次回その点を。
99.99Mbps


category: 【発症から…】

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://parkinsons.jp/tb.php/343-2208e384
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

Administrator

カレンダー

現在のブログ閲覧者数

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

Count