12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

パーキンソン病はこわくない

若年性パーキンソン病に罹患した筆者が綴る悲喜交々

はっきりとした変調(当時32歳) 

 慢性的な「こり」と背中の痛みに困りながらも、しばらくは普通の状態(という言い方が適切かどうかはわかりませんが)が続きます。

この頃は私も会社の同僚とフットサルのチームを作り、草サッカーの試合に出場したりできるほどでした。
学生時代サッカーをやっていたので。

ところがこのフットサルの試合に出たときに右足の親指の爪を剥いでしまいまして。
数日間は右足で踏ん張ると激痛が走るため、右足の外側に重心をかけて親指を浮かすような歩き方になっていました。
イメージ的にはびっこをひくような歩き方だと思ってもらえればと思います。

で、です。

足の爪が新しく生えてきて痛み自体はもうないはずなのですが。

歩き方が変なんです。明らかに。
履いているスニーカーの裏を見るとはっきりとした異常が分かるのですが、靴底のゴムのすり減り方がおかしいんですね。
右は前の外側が激しくすり減っているのですが左はかかとの内側が激しくすり減っているんです。
要するに重心が右に傾いているのを何とか踏ん張って止めようとしながら歩いている感じなんです。

これも最初は爪の影響でヘンな歩き癖がついてしまったものと思い意識して直そうとしたのですが気が付くと傾いている。
気にはしつつもしばらくはこれも様子を見ていたのですが症状は悪化する一方。
そしていよいよ「前方突進」の症状が出始めます。
典型症状のひとつ「歩行障害」ですね。

油断すると前のめりになってツツツッっと小走りになってしまいます。
特に手がふさがっているとこの症状が強く出るようになります。

この頃、長男が生まれた時期であったこともありベビーカーを押して出掛けることが多くなったのですが、これがまずい。
手を前に出していると徐々にベビーカーにもたれかかるような姿勢になってきてベビーカーごとツツツッっと。
それでもまだこの頃はいったん止まって姿勢を立て直せばまたしばらくは普通に歩けてはいたのですが。

この段階ではっきりと異常を自覚しました。
ただ、明らかに体がおかしいと思いつつもいきなり「脳」とか「神経」を疑ったのではなく、最初はもう持病に近いと思っていた「腰椎ヘルニア」とか「脊柱管狭窄症」とかいった骨格系の異常ではないかと思いました。
要は変な姿勢(私強度の猫背でもあるんです)を長年続けたことによる体の歪みが出たんだろうと。

そしていよいよ地元の町医者で整形外科の診察を受けることになります。


これが2003年年末の話です。
99.99Mbps







category: 【発症から…】

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://parkinsons.jp/tb.php/344-6f9d1e5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

Administrator

カレンダー

現在のブログ閲覧者数

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

Count