12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

パーキンソン病はこわくない

若年性パーキンソン病に罹患した筆者が綴る悲喜交々

倫理上の問題 

いや~、いよいよ大詰めですね!

iPS治療


ここ数年の動きを見ていてももの凄いスピードで研究解明が進んできてますしね。
発症の原因と考えられるたんぱく質を特定したりとか原因遺伝子とかの解明も進んでますし、先端医療の中でも遺伝子治療と並んで最も根治治療に近いと期待されていましたからね、iPSは。

ただ、手術入院をしているときに担当の神経内科医と雑談ベースでiPSの話をしたのですが、その時に聞いたのが

医学的な部分ではなく倫理上の問題でなかなか臨床までは難しいのでは?

みたいなことを仰ってましたね。

確かに、よくよく考えてみれば「脳」ですからね。。。
網膜の移植と同じレベルでは考えられないですよね。

再生のメカニズムが保証されるレベルになったとしても脳細胞ですからねぇ・・・
人格変わってしまってもいやですしね(笑)
99.99Mbps



category: 【筆者雑感】

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://parkinsons.jp/tb.php/356-51bcab4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

Administrator

カレンダー

現在のブログ閲覧者数

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

Count