11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

パーキンソン病はこわくない

若年性パーキンソン病に罹患した筆者が綴る悲喜交々

iPSでアルツハイマー予防薬 京大、組み合わせ候補発見 

【京都新聞 2017.11.22掲載】

 アルツハイマー病の原因物質の生産を抑制する既存薬の組み合わせを、京都大iPS細胞研究所の井上治久教授や近藤孝之助教のグループが、患者のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作製した神経細胞を用いた実験で見つけた。今後、動物実験で予防などの効果や安全性を詳しく検証する。米科学誌セル・リポーツで22日発表する。

 アルツハイマー病は、大脳皮質の神経細胞が作るタンパク質断片「アミロイドβ(ベータ)」が脳内に過剰に蓄積することが発症原因の一つと考えられている。アミロイドβを減らす新規薬剤の開発が世界的に進められているが、副作用などの課題から製品化には至っていない。

 グループは、患者由来のiPS細胞から作製した神経細胞に1258種類の既存薬を投与し、アミロイドβの生産量を最も効率的に減らす3種類を突き止めた。パーキンソン病の治療薬「プロモクリプチン」、ぜんそくの「クロモリン」、てんかんの「トピラマート」で、これらの混合剤は9人の患者の神経細胞が作るアミロイドβをそれぞれ30%以上減らす効果があることを確認した。

 3種の薬剤は既存薬として一定の安全性が認められているために、新規物質に比べて医療応用しやすいという。

 井上教授は「今後、動物実験を進めるとともに、これらの薬剤がアミロイドβの量を減らすメカニズムを解明していきたい」と話している。

<http://kyoto-np.co.jp/environment/article/20171122000013>

category: 【報道・記事】

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://parkinsons.jp/tb.php/375-0457ba72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

Administrator

カレンダー

現在のブログ閲覧者数

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

Count