12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

パーキンソン病はこわくない

若年性パーキンソン病に罹患した筆者が綴る悲喜交々

再生医療市場、iPS産業化で30年に1・6兆 

(読売新聞 2013年2月22日掲載)

経済産業省の「再生医療の実用化・産業化に関する研究会」(座長=岡野光夫・東京女子医大教授)は22日、再生医療関連の国内市場が2030年に1・6兆円に達するという試算をまとめた。
 
iPS細胞(人工多能性幹細胞)などを加工して作る臓器の細胞など医療製品そのものの需要と、それを使う治療で計1兆円。さらに、細胞を培養する装置や容器など、関連産業も5500億円に上ると見込んでいる。
臓器や組織別では、加齢黄斑変性の患者などに移植する目の細胞が1000億円、パーキンソン病の治療などに使う神経の細胞が1100億円と試算した。
 
研究会は、研究者らへの聞き取りなどを踏まえ、細胞の治療がどこまで実用化するかを予測した。利用する患者数や製品価格から将来の市場規模を計算した。50年には3・8兆円の市場規模になるとみている。

<http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130222-OYT1T00546.htm>


 

category: 【最新記事・報道】

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://parkinsons.jp/tb.php/56-560e30e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

Administrator

カレンダー

現在のブログ閲覧者数

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

Count