12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

パーキンソン病はこわくない

若年性パーキンソン病に罹患した筆者が綴る悲喜交々

薬を早く効かせたいとき 

なんだかここ数日は、アクセスログの検索キーワードを見ては、 「なんだ、そんなこと早く言ってくれればいいのに! 」などと独り事を言っては臍を噛んでるような状態でして。。。
せっかくアクセスしてくださった方と情報の交換ができなくて凹み気味です。
今回はLドーパの「効き」について少し。
当然のことですが、薬の効果はなるべく少量で、なるべくすぐ効き、そしてなるべく長時間効果が持続してくれた方がいいに決まっています。
特にオフの状態から活動できるようになるまでの時間は極力短くしたいですよね。

私の場合、特に緊急でオフの状態から復帰してもらなきゃ困る場面というのは外出が少ない分あまり頻繁には無いのですが、やはり起床後の活動開始までの時間はなるべく短く、起きて薬を飲んだらすぐ活動を開始したいというのはあります。

Lドーパを早く効かせるための方法としては一般に「水なしで飲む」 「噛み砕いて飲む」などが知られているかと思います。それ以外にも「レモン水で飲む」とか、私の知人では「グレープフルーツジュースで飲む」 、なんて方もいらっしゃいます。
この辺のことについて以前主治医に聞いたことがあるのですが、 「酸性のものでかつ糖分の多いものと一緒に服用すると効きが良いと言われている」との事でした。

で、私の場合ですが。
いろいろやってみましたが2大エースは「コカコーラ(赤)」と「オロナミンC 」です。
赤コーラは、そもそもの先生のオススメで1番最初にやったのですが、これいいです。
ただ、バラ買いすると1本の量が多すぎて余ってしまい、ペットボトルだと最後のほうは気が抜けてしまって大事な炭酸がなくなっちゃってるんですよね。その点オロナミンCは1回で使い切るのにちょうどいいんです。 (もっとも、毎日毎日というわけではありませんけど)
どちらも炭酸飲料で多く糖分を含んでいるという共通点がありますので、同じような効果があるんだと思います。
蛇足ですが、赤じゃなきゃダメですよ! ダイエットコークとか糖分を含んでないヤツはダメです。あんまり良くありません。

一方、タンパク質に弱いというのは絶対ですので、特に肉料理などを食べた後は歴然と効きが悪いです。ですので、タンパク質を多く含んだものを食べるときは、 「食べる前に飲む! 」(何か別のものみたいですが(笑))って感じです。

コカコーラもオロナミンCも清涼飲料水ですので特に問題はないと思いますが、一応念のため主治医の先生にご相談の上試して頂ければと思います。
 
99.99Mbps

 

category: 【日常生活】

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://parkinsons.jp/tb.php/59-6b64beaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

Administrator

カレンダー

現在のブログ閲覧者数

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

Count