12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

パーキンソン病はこわくない

若年性パーキンソン病に罹患した筆者が綴る悲喜交々

難病カルテ:患者たちのいま/51 若年性パーキンソン病 /佐賀 


毎日新聞 2012年08月12日 地方版


 


 ◇「働く姿見てほしい」 病気隠さず前向きに


 佐賀市のJR佐賀駅前の駐輪場で、原武禎治さん(53)=福岡県久留米市=が腕や首を小刻みに震わせ、自転車の整理をする。汗をぬぐい、ツエを使って一歩ずつ歩きながら、見回し、時には顔なじみの利用者と笑顔で言葉を交わす。


 


 専門学校卒業後、電気関係の会社に勤めたが、東京へ行き、子供たちに影絵を披露する児童劇団に所属した。固定給は月7万円程度。月の半分は北海道から沖縄までマイクロバスに乗って巡業した。


 


 1990年ごろ、影絵を表現する際、右手の人さし指がうまく動かなくなった。病院を巡り原因を探し求めた中で約1年後、「パーキンソン病の疑いがある」と診断された。ただ、自覚症状も強くなかったため、それ以降約3年間、通院せずに過ごした。


 


 営業担当に配置転換され、九州担当として地元に戻った約15年前、正式に「若年性パーキンソン病」と診断された。次第に手の震えが強くなり、営業先の担当者から「アルコール中毒ですか」と言われたりもした。


 


 約10年前、勤務中に交通事故に遭った。上司から「病気があるから事故を起こしたのではないか」と責められた。退職せざるをえなくなった。



<http://mainichi.jp/area/saga/news/20120812ddlk41040332000c.html>



 


category: 【最新記事・報道】

cm 2   tb 0   page top

コメント

No title

※連載のようですので続きが掲載されましたらまた投稿いたします。
99.99Mbps #79D/WHSg URL [2012/08/24 08:21] edit

No title

私も何度も経験がありますが、若年性パーキンソン病という病気は特に外傷などがある訳ではありませんので、薬が十分に効いている状態(一般に「オン状態」といいます)では、見た目は全く健常者と変わりません。
でも、実際には突然すくんで動けなくなってしまったり、前屈による突進歩行などが起きる場合も少なくありませんので、変な場所でずっと立ち止まっていたり異常な姿勢で歩いていたりすると、周りからは「何やってんだこの人?」といった風にかなり奇異な目で見られます。
今はもう慣れましたが、初期の頃はやはり周りの目が気になり、かなり嫌だった記憶を思い出しました。
99.99Mbps #79D/WHSg URL [2012/08/24 08:37] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://parkinsons.jp/tb.php/8-8a2dba6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

Administrator

カレンダー

現在のブログ閲覧者数

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

Count