12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

パーキンソン病はこわくない

若年性パーキンソン病に罹患した筆者が綴る悲喜交々

病気であることを告げる時 

さて、昨日に引き続き本日もお役立ち情報ありません(笑)
管理人のひとりごとになります。

私、いままでこの点きちんと考えたことがなかったのですが昨日ちょっとしたことがありまして考え込んでしまったもので。
同病の方であればみなさん同じような思いや経験があると思うのですが、どういう時に自分が病気であることを知ってもらうかっていうのが、よくよく考えてみると結構難しいんですね。つまり、どういう事情がある時に病気であることを告げる必要があるのか?ってことなんです。

「そんなの言う必要がなきゃ言わないし、必要があれば言うだけの話」
「極力周囲の人には知られたくない」
「別にやましい事してるわけじゃないんだから、知られたって別にどうということはない」

いろんな考えがあると思うんです。いろんな事情も。多分最終最後突き詰めていけば「ケースバイケース」って事になるんだと思います私も。ただ、これは重要な問題ですし、「ケースバイケース」では答えになっていませんので、もう少し感情的な部分と事情的な部分を分離して論理的に考えてみました。

まず、そもそも「知られたいか?」「知られたくないか?」というベクトルの向きでいえば、これはおそらくほぼほぼ間違いなく「知られたくない」と思います。もちろんベクトルの強弱はありますよ。「絶対に知られたくない」って人もいれば、「別に知られたってどうってことない」って人だっているでしょう。ただ、少なくとも「積極的に知ってほしい」というのは相当の理由がないと通常はまずないでしょう。ですので考え方の軸足の置き方としては「知ってもらう必要性がないのであれば言う必要はない」としてしまってよいと考えるべきでしょう。

では次に「知ってもらう必要がある」ケースと「知ってもらう必要がない」ケースの線引きはどこにあるのでしょうか?これ、極めて難しい問題だと思いませんか?ここをどう考えるかがポイントだと思うんですね。まず、一番簡単なのは明らかに知らせなければまずいケース、相手。例えば職場で仕事をしていく上では、上司の方には最低でも知っておいていただかないとまずいと思いますし、同僚の中でも同じ部署で一緒に仕事をしていくメンバーなどは、知っておいてもらう必要がある場合のほうが圧倒的に多いのではないでしょうか。その他婚姻の際のお相手のご両親、何らかの契約関係の前提条件として告知が義務付けられているようなケース(新規保険契約、資金融資契約等)なども告知の必要があるケースと言えますね。で、グレーゾーンが一番広いのが、全体からこの明らかに知ってもらう必要があるものを差し引いた残りの部分。この部分にあえて両端をつけるとすれば、片方の端は「全く知る必要はない」でもう片方の端は「知ってもらった方が好ましい」とでもなるんでしょうか。

それで、私の最終的な結論はこの最後の幅を持った部分のどこに線を引くかが各々の感情的なもので決まるんだと思います。人によっては「知る必要なし」の幅が非常に広い人もいるでしょうし、またその逆もあると思いますし。さらに、この線の位置は不変ではないんですね。変わっていくんです、その人の気持ちや考え方で。たとえばマイケル.J.フォックスも人気の絶頂にあった当初自分の病気を呪ったと言っていますが、その後の心の変化はご存知かと思いますし、アース・ウインド&ファイアーのモーリス・ホワイトも当初は「ストレス性のもの」と言い張り否定し続けましたが、最終的には自身の病名を公表して脱退しましたし。

私について言うとですね、今の考えでは「知ってもらった方が好ましい」の幅が圧倒的に広いです。つまり感情的には「知られても別に構わない」という気持ちのほうが強いです。
ただし一方で昨日思ったのは「告げることが結果的に相手に迷惑になることがあるのでは?」ってことなんです。自分はよくても、知ってしまったがゆえにへんに気を回したりとか、微妙に遠慮が生じたりとかさせてしまったりとかですね。
そういう事まで含めて考えたときに「知られたって別に構わんさ」と胸張ってるだけってのは、本当の意味で「勇気ある決断」ではないという事に気づいてですね。。。

難しいですね。

99.99Mbps





category: 【管理人のひとりごと】

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://parkinsons.jp/tb.php/94-d7eb2a96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

Administrator

カレンダー

現在のブログ閲覧者数

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

Count